« 尖閣諸島の寄付金額に思ふ | トップページ | いかづち隊員のヒトトキ »

2012年5月15日 (火)

沖縄基地問題、別の視点で見てみたおホザキ

7時の犬HKニュウスで、沖縄本土復帰40年を放送した。

勿論犬HKの狙ひは

基地反対=自衛隊反対=9条擁護=社民共産支持=シナ朝鮮支持

なのであるが

(´-д-`)

個人的意見だが

あたくしは

共産圏および左翼と言ふのは、もともと嘘吐きしかもすぐにバレる嘘を吐くので、知能が高くないと考へる

これは差別でなく、事実だ  (||´Д`)o=3=3=3 ゴホゴホ

で、ここでとんでもないものが釣れたので、晒す。この自己紹介もさることながら、各ブログ記事見てください。

朝日が反日なのもものすごく納得 → http://profile.ameba.jp/edogawa-madan/

話は戻るが

犬HKの放送で、中学の授業風景を流しそこで現在の普天間基地と1960年代の普天間基地の写真を出した。

1960年代の普天間基地は、野原の真ん中にあるんですね。遠目にやや住宅があるのですが、あとは見渡す限り緑で現在のやうに家や施設などありません。

ここであたくしが思ふ疑問

なぜ、政府は普天間基地のやうな危険なところへ住宅・学校・店舗などの建設を許可したのであらう?

基地により商売をして生計を立てる人がゐるのはいいが、その店舗建設は基地から最低でも+キロ離れて建設とか、住宅学校その他は否とか規制をすべきではなかつたのか??

規制は全く考へられなかつたのか??

過去の写真を見ると、「勝手に周辺に住んでて、今更何を言つてゐるのだ?」といふ疑問がぬぐへない。

危険なのはわかるではないか。

ここで、以前読んだ本。 普天間」交渉秘録 守屋 武昌氏の著書。
http://blog.goo.ne.jp/liebe-kdino-schumi/e/53810f48b082a5fd1f7a46787001a816

この本では「被害者だけではない沖縄の面」が現れてゐる。 米兵による犯罪とか日米地位協定とは別の問題として

基地周辺に住むことを決定した人、その規制をしなかつた政府は何? と思ふ。

|

« 尖閣諸島の寄付金額に思ふ | トップページ | いかづち隊員のヒトトキ »

だうでもいひ話」カテゴリの記事