« 違和感を感じた | トップページ | 国債買つて、これですか »

2012年5月 6日 (日)

代替エネルギイと後処理の問題

原発についていくつか本を読んだが、自分の懸念は「使用済燃料棒の管理」だ。

地中に100万年?しかも何年後おきにその入れ物を交換?

これだけでも大変な課題だ。

その始末も出来ないのに建設したのも驚きだが、作つてしまつた今ただ捨てるわけにはいかない。

この処理と代替エネルギイに金をかけたら?と思ふ。

原発をただ停止しても、原発で働いてゐた人たちの生活が成り立たないのであれば、その人たちの雇用を保障するやうな替りの施設が必要だらう。

反原発、ではなくて 原発を停止してもいかに発電のエネルギイを得、原発で働いてゐた人たちの雇用を確保するかを前提に行動していく

脱原発

があるべきだと思ふ。

さういふ意味で、反原発、でただ騒いでゐる人たちは3.11でメツキがはがれたが

無責任な反日左翼だと思ふ。

|

« 違和感を感じた | トップページ | 国債買つて、これですか »

だうでもいひ話」カテゴリの記事