« 代替エネルギイと後処理の問題 | トップページ | 読み始めた本 »

2012年5月 6日 (日)

国債買つて、これですか

すごいですよね、安住財務大臣。

宮城県石巻市が地元とのことですが、東北復興放置して韓国国債を購入、その後これですね

民主党に投票した人、ほんたうに責任取つてください。

まあ、こども手当に流されて投票した人がほとんどでせう? だとすると投票した人の子供がツケを払ふことになりますね。

世の中皮肉なものです。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/05/04/2012050400632.html

貯蓄銀行4行、営業停止の見通し  

貯蓄銀行業界10位以内の大手3行と小規模行1行の計4行が今週末にも営業停止処分を受ける見通しとなった。

 金融当局は今週末に経営評価委員会を開き、昨年営業停止を猶予された貯蓄銀行5行とその後経営上の問題が浮上した1行の計6行について、破綻処理の是非を決定する。金融当局関係者は「経営評価委は諮問機関という位置づけだが、事実上の最終決定を下す場になる。現時点では4行が営業停止処分を受ける可能性が高い」と述べた。

 貯蓄銀行に対する追加的な営業停止処分が迫ったとのうわさが広がり、3日には、貯蓄銀行業界で資産規模1位のソロモン貯蓄銀行の本支店では、取り付け騒ぎが起き、預金の払い戻しが普段の5-6倍の500億ウォン(約35億6000万円)以上に達した。また、上場企業である同行の株価はストップ安を記録した。H貯蓄銀行など他行にも預金者からの問い合わせが相次いだ。

 林錫(イム・ソク)ソロモン貯蓄銀行会長は同日のインタビューで、「経営改善に必要な数カ月の時間も与えることができないというのか」問い合わせ不満をあらわにした。

 昨年、営業停止処分が猶予され、今回改めて破綻処理すべきかどうか審査を受ける5行は、預金者保護上限の5000万ウォン(約356万円)を超える預金の合計残高が789億ウォン(約56億1000万円)、預金者保護の対象にならない劣後債が5000億ウォン(約356億円)あり、営業停止処分が決まれば、大きな影響が予想される。

李陳錫(イ・ジンソク)記者         朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

|

« 代替エネルギイと後処理の問題 | トップページ | 読み始めた本 »

あきれ果てる話」カテゴリの記事