« 石原氏に大賛成 | トップページ | 自民党について »

2012年6月12日 (火)

外務省が朝鮮の嘘を否定せず日本の名誉を汚した件について

 「残念だが、慰安婦問題ではもう勝敗は決している。今さら強制連行はなかったと主張しても、米国では悪質な言い訳か歴史修正主義と受け取られ、かえって逆効果だ。話を蒸し返さない方がいい」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120609/plc12060909440008-n1.htm の件ですが、とんでもないです。

税金で給料を得てゐる身なのですから命に代えても朝鮮の嘘は打破すべきです。

一体今までどれだけ日本の国益を失くしてきたか、外務省には呆れます。

名誉を取り戻せないのなら外務省は日本に不要であり税金を国民に全額返納すべきです。

外務省ご意見 → https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html

言ひたりない ( #` ¬´#)  上記サイトは1000文字までである。

議員に手当たり次第に抗議送信するか?

大体、慰安婦の話はここ20年位に急に朝鮮人と血縁関係にある朝日の大阪の記者が捏造記事を書き、元々捏造だつた吉田清治の話を蒸し返し(当人が嘘と認めてゐるにも関はらず)キヤンペインを張り嘘に加担したのだ。

本来なら、外務省と議員は朝日に対して捏造記事を取消させるべきではないのか?

これが絶対に許せない。

朝日が応じないのなら、法的手段をとるべき問題ではないのか?

石原 慎太郎氏のやうに 「嘘ばかり書くな」と言ふべきである。あれで朝日がだうしたか?

何もしてゐない。なぜなら嘘を書いてゐるからだ。石原氏に一つ一つここが嘘だと指摘されたら、自分達が危うくなる。

だから、石原氏のバツシングを大ぴらにしないのだ。代はりに尖閣諸島購入反対をしつこくやつてゐるが、あのやうに人前で堂々と抗議してゐると、その尖閣反対キヤンペインも朝日の仕返しなんだな、と世間の認識が出来てくる。

それをきちんとしなかつた外務省、国会議員たちは

であり、恥知らずである。

税金で給金をもらふ資格はない。 財産も不動産も歳費で得たものは全部手放して一文無しになつて死ねと言ひたい。

|

« 石原氏に大賛成 | トップページ | 自民党について »

あきれ果てる話」カテゴリの記事