« 日本図書協会へ抗議を | トップページ | 国交断絶しろ »

2012年7月 8日 (日)

かういふ人がゐるのに!!

余った熱が電気に変身!「低コスト」で「小型」の低温廃熱発電機 “その熱、もったいない”~廃熱で家一軒分の電力を生み出す!

http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/backnumber/20120708.html 

『その熱、もったいない・・・!熱の出る所はどこでも“発電所”だ。』

電力不足が叫ばれる日本の夏に、真正面から立ち向かう男がいる。アルバック理工社長、石井芳一、65歳。彼にかかれば、あらゆる廃熱が電気に生まれ変わるという。

従来から、廃熱を使った発電は行われてきた。例えば、製鉄所や製紙工場などでは、高温の廃熱を利用し大規模な発電をしている。しかし、200度以下のいわゆる“低温廃熱”は、効率よくタービンを回すことができず、採算に合わないと手を付けられてこなかった・・。

温泉や町工場など、日本中で出される200度以下の廃熱をすべて使えば、理論上、全国4300万世帯の1年間の消費電力の、実に45%がまかなえるという。 『もったいない!』 石井はあらゆる廃熱に注目し、“低温廃熱発電機”の開発を決意した。

もともと、電電公社の研究者だった石井は、超伝導、ハードディスクなど、最先端の発明に携わっていたが、60歳で一念発起。 『残りの技術屋人生、“広く皆の役に立つ発明”を成し遂げたい―』。 そして、熱分析機器、熱物性測定装置などを扱う、アルバック理工の社長に迎えられた。だが、当時、会社の経営はどん底状態・・。そこで、自ら新たな道を切り開こうと、最も難易度が高いとされる『低温廃熱発電』に挑んだのだった。

目標は、一般家庭1軒分の一日の消費電力3キロワット。“熱技術”をいかして、「クリーンエネルギー」分野を開拓し、あらゆる場所に、一刻も早く低温発電装置を届けようと、石井と社員の奮闘が日夜続く。「低コスト」で「小型」の低温廃熱発電機の実用化に向けて、石井たちは、静岡の熱川温泉、そして、鹿児島の焼酎工場へと飛んだ―。

果たして、本当に“どこでも”電力は生まれるのか…?日本の未来に明かりを灯す、石井の研究者魂と情熱に迫る。

↑ (上記サイトより、動画あり)

この装置は東電の値上げに苦しむ中小企業には大変救ひになると思ひます。

都もしくは国から補助金等出れば資源も捨てず、資金も節約できるし全国的に導入が可能なら電力会社の独占を変へられるかもしれません。

かういふ人がゐるのに、なぜ孫などといふ大嘘吐きで自己利益しか考へてゐないやうなのが朝鮮からソオラアの機械を輸入し電力会社経由で個人に売りつけ設けてゐるのか。

ここでも大企業と役人との利権が見える。


かう言ふ人がゐるのだから、本来なら大企業と利権はなくせるはずだ。

やはり政党は信用できない。 かういふ人を起用し、自己利益を捨てる人こそ政治家として活動すべきだ。

それゆへ

自民党などは、絶対に信用できないな。事故調査委員会の結論が出る前の大飯原発稼働に反対しなかつたものな。

|

« 日本図書協会へ抗議を | トップページ | 国交断絶しろ »

重要な話」カテゴリの記事