« 人権救済関連法案拒否の文書例 | トップページ | 閣議で否定されてゐるものを、「政治決着させやうとした」とは何をおホザキか »

2012年9月14日 (金)

シナ人の日本人への暴行は1930年代から

それをきちんと教へずシナ人を入国させ日本企業を進出させ

ODAを出し

南京他歴史捏造に加担してきた自民党、反省しろ

通州事件 を検索してみてください。そこに出てくる無数の遺体はシナ人に殺された日本人です。

しかし、シナはその写真を「南京大虐殺で日本人に殺されたシナ人」と大嘘を吐いてゐます。それにきちんと反論してこなかつた自民党

とにかく、民主以上に自民は絶対に許せないんだよ。自民党がシナ朝鮮の嘘に加担してきたから、民主みたいなのが出てきてんだ。

自民はシナ朝鮮に加担し、官僚政治に依存し、皇室をないがしろにし、日本人をしいたげてきた。

それが今を生んだのに、まだその反省もない。今回の総裁選に反皇室、反日、靖国非参拝等々軒を連ねてゐることからよくわかる。

絶対に自民党を許さない。

http://www.excite.co.jp/News/world_g/20120913/Kyodo_BR_MN2012091301002022.html

上海で邦人が暴行受け負傷 初のけが人に緊張高まる

2012年9月13日 22時26分            (2012年9月13日 22時54分 更新)                        

 【上海、北京共同】日本政府による沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)国有化に対する中国内の反発が高まる中、中国で最大の日本人コミュニティーを抱える上海市で、日本人がラーメンを顔にかけられ目を負傷したり、レストランで暴行を受けたりするなどの被害が日本総領事館に報告されたことが13日、分かった。尖閣国有化後、中国での日本人負傷者が判明したのは初めて。中国の日本人社会では緊張が高まっている。

|

« 人権救済関連法案拒否の文書例 | トップページ | 閣議で否定されてゐるものを、「政治決着させやうとした」とは何をおホザキか »

あきれ果てる話」カテゴリの記事