« やはり出てきた、こんなバカ  | トップページ | ソオスの肉ぢやが »

2012年11月 4日 (日)

橋下は一人でやれ

橋下との連携は止めてほしい。

橋下のたち日へのコメは失礼千万だし逆にあの態度で「どんな家に育つたのか?」と朝日の記事を復活してもらひたくなつた。

だいたい、目上の方々に向かつて(しかも自分よりもずつと長く国政にかかはつてゐた人達に対して)

「世代が違ふ」

「感覚が合はない」

とは何事か。ただ単に、「年寄は引ッこんでゐろ」と言つてゐるだけでないか。

この精神は、どんな家に育つと備はるものか? 是非週刊朝日の連載を再開して徹底的に明るみにしてもらひたい。

橋下氏の出自については、とッくに、ご自身が「同和」とお認めになつてゐたにも関はらず、必死になつてアサヒの記事を止めたといふところが引ッかかる。

同和、として「築いて」きたものが嘘? 何か明るみに出ると困るものがあるの?(地元では朝鮮人一家と思はれてゐたやうですね)

たちあがれ日本に対する態度と発言から、是非とも「どのやうなご家庭にお育ちになつたのか」

を知りたくなりました。

石原慎太郎氏は、こんな礼儀知らずと組むのは止めてください。

http://www.excite.co.jp/News/politics_g/20121104/Kyodo_BR_MN2012110401001189.html

石原氏、第三極で100議席以上 次期衆院選で獲得目指す

2012年11月4日 11時32分                                 

今月上旬の新党結成を目指す石原前都知事は4日のフジテレビ番組で、次期衆院選に関し自らが提唱する第三極の「大連合」で100議席以上の獲得を目指す考えを明らかにした。「やはり100人以上(の議員を)つくりたい」と述べ、日本維新の会などとの連携を念頭に「選挙をやるなら『日本維新大連合』という名前でやったらいい」とも語った。ただ3日の日本維新の橋下徹代表との会談では主要政策で隔たりがあったことを認めた。

|

« やはり出てきた、こんなバカ  | トップページ | ソオスの肉ぢやが »

だうでもいひ話」カテゴリの記事