« かなり怪しい奴が出馬か | トップページ | 読み終はつた本 »

2012年11月 9日 (金)

日本破壊の左翼がやつてきた、やつてゐること

この法案だけでなく、皇室典範の改悪も日本を消滅させる行動だと思ふ。

これに関連して左翼が何を欲しどんな形態で日本人を騙してきたか知るべきだ。

中川八洋の著書には憲法からその破壊が始まつてゐる事が詳細に書いてある。

憲法学者と名乗る、左翼の大嘘

そして、その大嘘吐きらが大学に入り込み教授となつて、大嘘を学生に教へ、憲法の意味をねじまげてゐる事実

等々

日本の根本は皇室。その皇室を消滅させるために、憲法他あらゆる身近な法を捻じ曲げ、日本人を弾圧する方向に持つて行つてゐるか、知るべき。

そして、この人権擁護法案 人権委員設置法案と何度も名前を変えて出てくる法案は、一番国民に近い形の「日本弾圧」法案と言へやう。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121109-OYT1T01175.htm?from=ylist

人権委設置法案を国会提出、今国会成立は困難 

 法務省は9日、新たな人権侵害救済機関を設ける人権委員会設置法案を国会に提出した。

 自民党は法案に反対しており、今国会での成立は困難な情勢だ。

 法務省は人権委を、独立性の高い国家行政組織法上の「3条委員会」として、同省の外局に設置するよう目指している。救済対象となる人権侵害の定義は、「特定の者の人権を違法に侵害する行為」と説明されているが、民主党内にも「あいまいで通常の表現活動まで規制されかねない」などと慎重論が出ている。

(2012年11月9日19時37分  読売新聞)

|

« かなり怪しい奴が出馬か | トップページ | 読み終はつた本 »

だうでもいひ話」カテゴリの記事