« この離党理由に笑つたよ | トップページ | T豚Sの本性 »

2012年11月18日 (日)

うんざりした、「合流」

なんなんですかね、この茶番。

もふ、ひたすら嫌になつた選挙の話題の第一番だよ。

大体、「太陽の党」とかなつて、そして立ち上がれ日本はだうなつたかと思へば、今度は消滅ですか?

しかも、とんでもない反日橋下と一緒???

意味がわかりません。

石原氏ひとりが行くのならともかく、なんで「否定」された他のたちあがれの人まで行くの? これなんですか?

しかも、橋下は「政策が違ふ、真正保守なんか今更」と鼻で嗤つた。「世代が違ふ」「感覚が合はない」とこき下ろした相手と一緒???

ほんたうに橋下と言ふのはいつも嘘を吐いてゐる、気持ちの悪い人種ですね。

絶対に無い、この党への投票。民主社民共産同様、無い。

そして、のこのことついて行つた平沼氏他にも呆れました。

この人たちは、自分が全否定されても、その相手と組むのか。このやうすを見てゐて、

「反日国家なるシナ朝鮮に毅然と反論せず、日本人の血税からODAやら無償技術提供やらをやり、今なお反日活動されてゐる」ことを受け入れてきた「ダメな政治屋」がだういふものかよくわかりました。

この人達だから、日本がこんなになつたのだ。

許せない。この人達、もふ、いい加減引退してよ。しがみついてまでやる必要ないだろ。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/121117/waf12111723440026-n1.htm

【維新・太陽合流】 橋下氏、合併急いだ背景は…求めた「シンボル」

2012.11.17 23:41 (1/2ページ

 紆余曲折(うよきょくせつ)の末、日本維新の会と太陽の党が合併を果たし「第三極から第二極」を目指す新たなステージに入った。だが、両党合意の政策骨子では、橋下徹氏が「センターピン」と位置づけた原発や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)で維新側に妥協があった。橋下氏が旗印を曲げてまで合併を急いだ背景には、石原慎太郎氏と組まなければならない事情があった。

 橋下氏は大阪市長就任から1年に満たず、肝心の大阪都構想はまだ緒に就いたばかりだ。ここで市長を投げ出し、国政に転じれば、支持の低下とともに、役所側の抵抗などで構想が骨抜きになりかねない。

 日本維新を立ち上げて2カ月弱。橋下氏は、17日の会見でも「大阪市政の業務はきちんとやる」と強調したが、党代表との「二足のわらじ」にも限界はある。一方で、政権選択選挙に臨む以上、首相候補を示す必要があると考えたが、党内で橋下氏に代わるシンボル的存在は見当たらない。

 自ら国政に踏み出せない状況の中で、トップにふさわしい人物は党外に求めるしかなかった。その中で見定めたのが、政治経験が十分で、かねて尊敬の念を抱いてきた石原氏だった。「最強のリーダー」と絶賛する石原氏の知名度に、党を託そうと考えた。

|

« この離党理由に笑つたよ | トップページ | T豚Sの本性 »

だうでもいひ話」カテゴリの記事