« 駅の表示とアナウンスについて | トップページ | 民主党をお出になつた方々 »

2012年11月15日 (木)

やはり出たか

かなり見苦しい。民主では勝ち目がないから、自民やら第三極やらから「出馬」し「前科」を消し去る輩。

まるで、犯罪を犯した朝鮮人が「それまで名乗つてゐた日本名」を捨てて、「別の日本名」を名乗り、別人を装ふやうだ。

朝鮮民主ッてのは、発想がほんたうに汚いよな。

投票にはウキ他で経歴を知つてから投票すべきだな。

http://news.goo.ne.jp/article/jiji/politics/jiji-121115X090.html

民主、離党者続出で混乱=与党実質過半数割れ―「0増5減」午後に衆院通過時事通信2012年11月15日(木)13:30 

 野田佳彦首相が16日の衆院解散を決断し、政府・民主党が12月4日公示―16日投開票の日程を決めたことを受け、早期解散への慎重論が大勢だった民主党で15日、山田正彦元農林水産相(衆院長崎3区)らによる離党の動きが相次ぎ、混乱が続いた。一方、国会は15日午前、積み残しの重要案件の処理を加速。最高裁が違憲状態とした衆院選小選挙区の「1票の格差」を是正するための「0増5減」案は同日午後、衆院を通過し、16日に成立する運びだ。

 山田氏は15日、都内で記者団に離党する意向を表明。また富岡芳忠(比例北関東)、山崎誠(比例南関東)、長尾敬(大阪14区)、中川治(大阪18区)各衆院議員は離党を決断した。小沢鋭仁元環境相も離党して日本維新の会に合流することを決めており、民主党と国民新党を合わせた与党の衆院会派は実質で239議席にまで減り、過半数を割り込むことになる。

 首相が環太平洋連携協定(TPP)推進を次期衆院選の争点に据える姿勢を示していることへの反発も拡大。山田氏は15日、都内で開かれたTPP反対の超党派の集会で「TPPを真剣に阻止する仲間と一緒に勢力を結集する時が来た」と述べ、新党結成に含みをもたせた。 

[時事通信社]

|

« 駅の表示とアナウンスについて | トップページ | 民主党をお出になつた方々 »

あきれ果てる話」カテゴリの記事