« 止めてほしい、左翼の運動加担 | トップページ | おホザキ »

2013年1月16日 (水)

ことごとく視点がズレてゐる話

こいつ、何を言つてゐるんだ?

問題はバスケ、バレー部の顧問だらう。それ以外にも他の部活動の顧問や体育科の教師がバスケ部顧問とおなぢことをしてゐたのか? 

完全に論点をずらし、バスケ、バレー部顧問を擁護してゐるのではないか? 常識的に考へて問題のある教師を懲戒免職にすればいいだけの話。

それをせず、他の部署や活動を中止だの入試中止だの論点がズレまくり、他を攻撃するのは当の犯罪教師を隠れさせ擁護してゐるだけではないか。

ハシシタは、朝鮮人といふ話があるが同意する。顔もさながら、平気で嘘を吐くあの性癖に近い性分と、話をすりかえて逃走を図るやり方と言ひ、自分の足元をきちんと見てゐなかつたのに国政に口を出し、外国人参政権だのを推し進める行動を見てゐたらこいつは絶対に日本人ではない、もしくは日本人のための政治はしないであらうといふ確信を得た。

バスケ顧問を懲戒免職にせずに、話をそらすことをあれこれやる理由は何か説明してください。

とどのつまり、朝鮮日教組の手先ですよねハシシタさんは

http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/snk20130116529.html

「今部活やったら人間としてダメ」橋下氏が持論展開、生徒には動揺 桜宮高2自殺

2013年1月16日(水)11:28  (産経新聞)

 大阪市立桜宮高の男子バスケットボール部主将だった2年の男子生徒=当時(17)=が体罰を受けた翌日に自殺した問題で、体罰が確認された同校のバスケットボール部とバレーボール部の無期限活動停止が15日に決まった。バスケ、バレー部以外の全運動部も体罰の有無の調査が終わるまで停止となり、生徒らの間に動揺が広がっている。だが橋下徹市長は「仲間が死んだのだから、今何をすべきか考えてもらいたい。この状況で部活をやったら、人間としてはダメだ」などと理解を求めた。

 野球部の男子部員は自宅周辺での筋力トレーニング、走り込みをして活動再開を待つ。「仕方ないとは思うが、本当は早く部活をやりたい」と漏らした。

 また運動系の部に所属する女子部員の保護者によると、女子部員は「これだけの事態になってるのは分かっているけど、問題が起きたわけではないのに…」と落ち込んだ様子で話していたという。

 こうした状況にバスケ部の男子部員は「この問題はバスケ部の問題で、他のクラブには関係ない。自分たちが練習したくてもできない状況はしかたないが、どうして、他のクラブにまで影響するようなやり方をするのか。僕たちの思いや言い分も聞いてほしい」と訴えていた。

 スポーツ強豪校に広がる波紋。だが橋下市長は15日に開いた記者会見で、生徒たちに過激な言葉で理解を求めた。「仲間が死んだのだから、今何をすべきか考えてもらいたい。この状況で部活をやったら上手くなるかもしれないが、人間としてはダメだ。それを言うのが教育だ」

http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/snk20130116540.html?fr=rk

桜宮高2自殺 体育系「入試中止」に賛否、市教委に電話殺到

2013年1月16日(水)12:45

 大阪市立桜宮高校バスケットボール部主将だった2年の男子生徒=当時(17)=が自殺した問題で、橋下徹市長が同校の体育系2科の入試中止を市教委に申し入れたことをめぐり、市教委には16日午前、百本を超す賛否両論の電話が殺到し、職員が対応に追われた。

 桜宮高を受験しようとしていた保護者から「子供といっしょに受験の準備をしていたのに、今さらそんなことを言われても困る」といった意見があったほか、「なぜ子供の夢を奪うようなことをするのか」という批判の声が多く寄せられた。一方、一部ではあるが、「市教委はなぜ市長が言うことに反対するのか」という、橋下市長に賛成の意見もあったという。

 一方、橋下市長は同日午前、大阪市役所で記者団に対し「桜宮高を目指して頑張ってきた受験生、保護者の気持ちはよく分かるが、伝統をすべて断ち切るというところまでやらないと新しく生徒をお迎えするわけにはいかない」と述べ、入試中止の必要性を改めて強調した。

|

« 止めてほしい、左翼の運動加担 | トップページ | おホザキ »

あきれ果てる話」カテゴリの記事