« またアサヒの反日工作なのかな | トップページ | 日本人なのか? »

2013年1月 6日 (日)

人権屋には要注意

民主が敗北してよかつたが、油断はならない。かういふ人権屋は自民の中にもゐるし、他の集団にも入り込んでゐる。

普段区のプウルに行つてゐるのだが、そこは「基本居住者」が利用する。利用権も区在住もしくは在勤に限つてゐる。

しかし、以前突然別の居住区から来たと思はれる集団(リユツクに**スイミングクラブと書いてあるが、他県の地名が書いてあつた)が来たことがあつた。

そして、その集団は車いすの人と他のなんらかの障害があると思はれる人がゐる集団であつたが

まるで 「たかり」のやうにいろいろな自治体の体育施設に行き慣れてゐるやうで「ここは***なのか~」等と言つてゐた

普段行く区のおぷうるは、学校開放をしてゐるので障害者のための何らかの設備などない。何かあれば自己責任であるが、車いすの人が通常のプウルで泳いで何も支障がない位、泳げるのか?

知らんけど

いきなり来られた区のプウル関係者も、車いすを見て絶句してゐた。しかし断る口実もないので、とりあへず入場となつたが

その人たちの態度を見てゐて、「人権集団」といふのはかういふ形で乗り込んで来て、差別だなんだと喚き、補助金とか特別待遇を得るんだらうな、と思はせるに十分の態度だつた

とにかく、態度がデカイ

来るのは勝手だし、何かあれば自己責任なのだが車椅子やら杖やらをこれみよがしに使用し、集団でやつてきてプウルをわが物顔に使用してゐた

溺れるのは勝手だが、人に迷惑かけるなよと言ひたくなるくらいの態度だつた

あれからあの集団が来てゐるのか知らないが、正直、二度と来てほしくない。公共の物を自分のものと勘違ひしてゐる態度がまず第一に腹が立つたし、車いすといふものを利用して特別扱いしろと無言の圧力をかけてゐた行動も腹が立つた。

あれ以来、増々「人権」「差別」「人にやさしい」「女性と子育て」とか抜かす左翼集団には、虫唾が走るやうになつた。

そして、さのやうな「人権屋」集団の裏には、必ず天下り先を確保すべく「財団法人」を作りたい既得権益のオヤジがゐる。法務省がこの法案を通さうと必死なのはそのためである

絶滅すればいいのにな、差別とか障害等を利用する人権屋集団!

http://www.hoshusokuhou.com/archives/21973824.html 

法務省、「人権委員会」設置法案の再提出見送りへ 政権奪還を果たした自民党の政権公約を踏まえ

|

« またアサヒの反日工作なのかな | トップページ | 日本人なのか? »

だうでもいひ話」カテゴリの記事