« 日本人なのか? | トップページ | メニュウと原産地を公開すべき »

2013年1月 8日 (火)

給食の是非

前から思つてゐたが給食費滞納の親がゐる、食物アレルギイの子供がゐるといふニュウスが結構な頻度で出てくるのなら給食を止めて弁当持たせたら?と思ふ

大体、自分の子供が食物アレルギイを持つてゐるのなら、給食の献立を見て親が子供に食べるなと言ひきかせるか、学校(クラス)に事情を話して給食の代はりに親の手作り弁当を持たせるとかするべきではないのか?

自分が親ならさうする。

子供が死ぬ前に、出来る限りの防御をするのは親の役目ではないのか? それを担任が食べさせた、といふのは違ふと思ふ

何でも人のせいにする前に、自分の果たすべきことをすべきではないか?

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20130108/Jiji_20130108X495.html

担任がチーズ入り給食渡す=アレルギーの小5女児急死―東京

2013年1月8日 18時57分                               

東京都調布市の市立富士見台小で昨年12月20日、乳製品アレルギーがある5年の女子児童(11)が給食を食べた後に死亡した問題で、市教育委員会は8日、担任が誤ってチーズ入りチヂミを食べさせたと発表した。

 女児の死因は、急性アレルギー反応の「アナフィラキシーショック」とみられ、当日の給食で出されたチヂミに粉チーズが練り込まれていた。

 市教委によると、女児に乳製品アレルギーがあることは学校側も担任の20代の男性教諭も把握。チーズ抜きのチヂミを提供したが、女児がおかわりを希望した際、担任が誤ってチーズの入ったチヂミを渡した。この際、栄養士が作成した表での確認を怠ったという。 

|

« 日本人なのか? | トップページ | メニュウと原産地を公開すべき »

だうでもいひ話」カテゴリの記事