« 朝鮮に対しては制裁をすべき | トップページ | 塩麹の炒め物・・ »

2013年2月22日 (金)

シナ人との交流は「虚像」であらう

こんな質問をすること自体、シナ人が異常といふ証拠(太字)

しかも「サアチナ」は反日在日朝鮮人の記事を載せたりしてゐる。日本人は「反日国シナ朝鮮に加担する媒体」を認識して記事を読むべき

民間交流する中国人は売国奴ではない(1)

日中関係が悪い今、日本留学中に仲良くなった日本人の友人と交流を続けても良いものか? 日本の先生に会いに行っても大丈夫だろうか?http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20130222/Searchina_20130222012.htm

l2013年2月22日 10時11分                                 

 中国公共外交協会秘書長、外交学院客員教授の宋栄華氏はこのほど、日中交流の誤解を回避すべきだと論じた。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。以下は同記事より。

**********

 春節(旧正月)前、江蘇省無錫市在住の子どもから電話がかかってきて、こう聞かれた。「日中関係が悪い今、日本留学中に仲良くなった日本人の友人と交流を続けても良いものか? 日本の先生に会いに行っても大丈夫だろうか? 」――私はこの質問に感動すると同時に驚いた。← (・_・)エッ....?

 この問題に答える前にまず、両国の関係が悪化している時に民間交流を続けるべきか、友好・協力を論じれば売国奴になるのではないかという問題をはっきりさせておく必要がある。

 ◇対話=弱みを見せるわけではない

 日本政府の尖閣諸島(中国名:釣魚島)問題を巡る言動は中国の根本利益を侵害し、中国国民を怒らせた。疑うまでもなく、われわれは一致団結して闘わねばならない。中国政府もすでに一連の有力な対抗措置をとっている。

 尖閣諸島問題は手を焼く問題ではあるが、日中関係の局部的、段階的な問題であって、日中関係のすべてではない。そのため同問題のために日中関係の基盤を徹底的にたたき壊すことはない。

 闘争と同時により積極的、より深く日本各界との対話を展開する必要がある。もちろん対話は原則放棄ではない。対話を通じてより詳細にわれわれの立場と決意を説明することができる。対話によって他方面の用意が放棄されるわけでもない。平和的解決に向けて努力すべきだ。(つづく)(編集担当:米原裕子

|

« 朝鮮に対しては制裁をすべき | トップページ | 塩麹の炒め物・・ »

あきれ果てる話」カテゴリの記事