« 党名を変へるとは!! | トップページ | 共産主義者の手口  »

2013年2月11日 (月)

朝鮮左翼ッてのはほんたうにヒマなんだな

「自衛隊の戦闘服通勤はやめての会」(高田敬子代表)は、どうせなら世界中の戦闘服勤務の人たちに抗議しに行つたらだうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130209-00000247-mailo-l25

陸自大津駐屯地:「戦闘服通勤やめて」 地元住民反発、市長に協力要請 /滋賀

毎日新聞 2月9日(土)16時38分配信   

 ◇「災害即応のため」

 陸上自衛隊大津駐屯地(大津市際川1)の隊員が今年から迷彩服で通勤を始め、地元住民らが「戦争の象徴の服で日常生活に不安を感じる」と反発している。住民有志約20人は「自衛隊の戦闘服通勤はやめての会」(高田敬子代表)を結成、8日までに「戦闘服通勤の中止」を求めるよう越直美市長に文書で要請した。【千葉紀和】
 

同駐屯地によると、迷彩服での通勤は災害派遣に迅速に対応する狙い。今までは制服着用で通勤していたが、着替えに時間がかかるとし、1月から約350人が徒歩や自転車、バイクなどで迷彩服通勤しているという。

 一方、地元学区の九条の会や新日本婦人の会を中心とする「やめての会」側は、「異様だ」「緊急性が求められる消防隊員も常に消防服を着ていない」と反発。説明会開催が昨年暮れだったことも「唐突だ」としている。

 やめての会の高田直樹さん(62)は「夜は交通事故の危険性も高まる。住民との合意がないまま強行するのはおかしい」と憤る。←何言つてゐるのか? 服装に「住民との合意」まで持ち出すとは朝鮮左翼は世界が自分達の物であると勘違ひをし、自分達の妄想と苦情は世界中共通と誤解してゐるやうだな  ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

同駐屯地の上原敏彦広報室長は「災害はいつなんどき起こるか分からない。全国の駐屯地でやっていることで、一部の人が反対しているだけ」としている。

 陸自陸上幕僚監部広報室は「全国に迷彩服通勤を指示しているわけではなく、各駐屯地司令の裁量だ。地元で必要だと判断したのだろう」と説明した。
2月9日朝刊

|

« 党名を変へるとは!! | トップページ | 共産主義者の手口  »

あきれ果てる話」カテゴリの記事