« 朝鮮人の言ふ、「日本人の良心」 | トップページ | 在日特権を許さない市民の会、が反対を主張するもの(反韓デモ関連) »

2013年4月 2日 (火)

「反韓デモ」が炙り出すもの

日本人のためを装ひながら、実は日本人を弾圧しやうとする朝鮮左翼。

そいつらが、隠れ蓑として「人権」だのなんだの言つてゐましたが

また一つ、炙り出されました。

この人は法律の専門家かもしれない、弁護士の肩書をお持ちの人のやうですが

言論弾圧

をすることを厭はないやうです

「人権派」には要注意です。

護憲、人権、男女平等(男女共同参画)、ジェンダアフリイ、等々最近官公庁や市役所等公共機関でチラチラ見る単語は、陰でかういふ共産主義者や朝鮮左翼がはびこつてゐますから、要注意です。

  1. ↓さすが「福島みずほ」が推す人です。17日に在特会の人がシバキ隊に襲撃され怪我を負つたことは完全に無視。ここまであからさまにやると、日本人の反感を買ふだけでせう。公安も動いたやうですし。朝鮮左翼は自ら墓穴を掘つてくれてゐるが、マスゴミがデマ屋と化してゐるので正しい情報拡散が重要

  2. 新大久保における「韓国=敵、よって殺せ」「朝鮮人ハ皆殺シ」などの脅迫的言動を伴う在特会の排外主義的デモに関し、3月29日私を含む弁護士14人で在日外国人の生命や営業の安全が守られるよう警視庁と都公安委員会に対し申入れを行うとともに、東京弁護士会に対し人権救済の申立てを行いました。

|

« 朝鮮人の言ふ、「日本人の良心」 | トップページ | 在日特権を許さない市民の会、が反対を主張するもの(反韓デモ関連) »

あきれ果てる話」カテゴリの記事