« 日本人が「普通」になるのが恐ろしくて仕方のない方々 | トップページ | 今読んでゐる本 »

2013年5月11日 (土)

報道しない自由、をツイツタアでも行使する件

東京新聞といふのは、きちんと取材をしないで記事を書くもしくはツイイトをするのか。

最初は、有田氏の質疑に関するツイ。しかし、有田氏の質疑の中には「嘘?」と思はれることがあつた。その証拠提出がネツトで待たれてゐる。 

動画 http://www.nicovideo.jp/watch/sm20820478

そして、西村氏が「捏造疑惑は?」と聞くと沈黙・・・・

再ツイイトに関し、「そうした話は聞いていない」

録画リンクを送られてもその内容を無視し、華麗に「本日東京新聞発言欄で」とデモ批判ツイ。

「報道しない自由」を見事に行使。このやり方だと、「その新聞だけ」しか読んでない人は、騙されるよね。

しかも、その手口を堂々と公開してゐるのに気付いてない・・・・? 

  1. 参院法務委員会での有田芳生さんの嫌韓デモの質疑。警察庁と外務省は官僚による官僚答弁。警察庁は「違法行為があれば厳正に対処する」との一般論、外務省は「処罰立法を検討しなければならないほどの人種差別煽動は日本に存在しない」との従来見解に終始。この手の話は大臣に聞かないとダメですね。

  2.   有田氏の質疑の捏造疑惑はどうなりましたか?

  3. 再ツイート!
    有田氏の国会質疑の内容の一部に捏造疑惑が持ち上がっています。その点は取材されたのですか?東京新聞のメディアとしての姿勢を説明して下さい。それとも、前回僕に取材しながらあのような記事にしたように、初めから記事の内容が決まっているのですか?

そうした話は聞いておりません。有田さんや参院事務局に確認してみます。捏造の内容について具体的にご指摘いただければ幸いです。

  さんへの返信
画像はリンクとして表示されます
  1. 返信ありがとうございます。明日にでもご連絡します。

  2. : 【動画】【検証】嘘ばっかりの民主党議員 有田芳生の参議院法務委25/5/9 を投稿しました。

本日(5月11日付)東京新聞発言欄で、福島市の30歳男性が嫌韓デモについて投稿。見出しは「外国人排斥 耳疑うデモ」。「公衆の面前で特定の民族を『ぶっ殺せ』とは重大な人権侵害」「(竹島、尖閣問題で)個人個人に憎しみの目を向けるのは筋違い」「多くの日本人は恥ずかしいと思っている」

|

« 日本人が「普通」になるのが恐ろしくて仕方のない方々 | トップページ | 今読んでゐる本 »

あきれ果てる話」カテゴリの記事