« Reason why demonstration against Korean occurs in Japan | トップページ | 断交すべき »

2013年6月 3日 (月)

やはり孫崎享氏はシナ工作員であつた

シナが、妄想激しいバカだと認識してゐましたが(基本、シナ朝鮮は名前も顔も思考も服のセンスも何もかも同一です)

ここまでバカだつたとは・・・ しかし、冷静になつて考へると朝鮮人がすでに日韓基本条約を無視して慰安婦の嘘を喧伝してゐるのですから(相手にしてノつた河野洋平は断じて許されず、日本にゐるべきではありませんが)

やはり シナ朝鮮は瓜二つ

だつたと認識ゐたします。

それにしても、バカ です  これがまかり通るなら、日本の領土がどれだけ広がるのかみなさんはご存じですか? ぜひともシナに頑張つてもらひたいものです ↓

A16e2cb5s

そして、やはりシナは尖閣諸島「棚上げ」を言ひだしてきました。

シナ工作員の、元害務省 孫崎 享氏が散々事前に「棚上げすべき!!」と繰り返してきまいたが、見事に一致します。

孫崎氏のブログやツイでの主張は、なぜか後日シナが主張する内容とことごとく合致します。

なぜでせう? 工作員の他、シナ人だからなのかなんなのか知りませんが。

とにかく、シナのホザきに同調する奴は非日本人と考へるべきです。

結局シナは尖閣諸島の領有権は日本にあると認識しており、争つても勝ち目がないと知つてゐるから「棚上げ」を言つてゐるのです。

元々日本の物なのだから、棚上げなどする必要はありません。

シナが口出しするのを止めればいいだけです。

これでバカな事を言ひだす国会議員は民主社民共産みんな生活だらうとあたくしは思ひます

人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:24 Jun 02 2013
外交部:中国は「サンフランシスコ講和条約」を断じて承認せず

 外交部(外務省)の洪磊報道官は30日の定例記者会見で「中国政府は『サンフランシスコ講和条約』は不法で無効との認識であり、断じて承認できない」と表明した。

 記者:日本の菅義偉内閣官房長官は29日「釣魚島(日本名・尖閣諸島)は馬関条約(下関条約)締結以前から日本の領土であり、ポツダム宣言以前ならなおさらにそうだ。日本の領土はサンフランシスコ講和条約で法的に確定された」と述べた。これについて中国側のコメントは。

 洪報道官:1895年、日本は甲午戦争(日清戦争)で中国の清政府の敗色が決定的となったのを利用して、秘密裏に釣魚島を日本の版図に編入した。これは不法な窃取行為だ。続いて日本は清政府に、不平等な馬関条約を締結して、釣魚島を含む「台湾全島及び全ての附属各島嶼」を割譲することを強制した。

 1943年12月、中米英三カ国首脳はカイロ宣言を発表し、日本が中国から盗み取った領土の中国への返還を定めた。1945年7月のポツダム宣言は、カイロ宣言の条項は履行されるべきと再確認した。1945年8月、日本の天皇は終戦の詔書で、ポツダム宣言を受諾し、無条件降伏することを宣言した。1972年9月の中日国交正常化時に署名された中日共同声明は「日本側はポツダム宣言第8条に基づく立場を堅持する」と明記している。

 中国政府は、「サンフランシスコ講和条約」は中華人民共和国が準備、立案及び調印に参加しておらず、不法で、無効であり、断じて承認できないと、繰り返し厳粛に声明している。釣魚島が琉球の一部であったことはない。「サンフランシスコ講和条約」第3条の信託統治範囲にも釣魚島は含まれていない。(編集NA)

 「人民網日本語版」2013年5月31日

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130602-OYT1T00523.htm?from=tw

尖閣「棚上げが賢明、次世代に解決を」…中国

 【シンガポール=竹内誠一郎】中国人民解放軍の戚建国副総参謀長は2日、シンガポールで開かれたアジア安全保障会議(英国際戦略研究所主催)で、沖縄県・尖閣諸島問題について「我々より知恵のある次世代の人に解決してもらうべきだ」と述べ、中国側が1970年代に日中の合意があったと主張する「棚上げ」状態に戻るべきだとの見解を示した。

 過去の棚上げは「賢明な選択だった」とも指摘した。

 中国脅威論に配慮し、アジア・太平洋地域の安全保障問題を協議する同会議で、協調姿勢をアピールする狙いとみられる。一方で戚氏は「対話と平和維持を強調しているが、無条件の妥協を意味するものでない」と語り、領土問題で譲歩しない意思を改めて示した。

(2013年6月3日07時55分  読売新聞)

|

« Reason why demonstration against Korean occurs in Japan | トップページ | 断交すべき »

あきれ果てる話」カテゴリの記事