« 今後の自民党と国会議員らの対応に注目 | トップページ | なんなんだか? »

2013年7月27日 (土)

そんなにしてまでやる意味は?

朝鮮や東南アジアに行き「慰安婦」を探しまくつた福島みずほのやり方に酷似。

福島みずほ名乗る趙春花は、この件で「人権派」といふいいイメイジをばら撒き、参院選に出馬して当選したが、慰安婦思ひの行動は歴史捏造による反日朝鮮人の工作だつた。

このやり方(太字)がそッくり。 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130726/k10013315611000.html

受給者を支援する弁護士などで作るグループ 生活保護費引き下げで提訴へ NHKニュース

7月26日 16時54分    

来月から生活保護費の一部が引き下げられることを受けて、生活保護の受給者を支援するグループが26日、都内で記者会見を開き、「引き下げは生存権を保障した憲法に反する」と主張して、全国各地で引き下げの取り消しを求める行政訴訟を起こす考えを明らかにしました。

生活保護費のうち食費や光熱費などの生活費部分について、政府は物価の下落が続いているなどとして来月から3年かけて最大10%、段階的に引き下げることを決めています。
これについて、受給者を支援する弁護士などで作るグループが26日、厚生労働省で会見を開き、「最低限度の生活を保障した憲法25条に反する」と主張して、全国各地で引き下げの取り消しを求める行政訴訟を起こす考えを明らかにしました。

支援グループは原告となる受給者を1万人程度募り、都道府県に対して不服を申し立てる手続きを行ったうえで、申し立てが棄却されれば裁判所に訴えを起こすことにしています。

支援グループのメンバーの小久保哲郎弁護士は「受給者の生活に大きな影響を与える前代未聞の大きな切り下げで、提訴を当事者が声を上げるきっかけにしたい」と話しています。
生活保護を巡っては、政府が先の国会に受給者の自立支援策などを盛り込んだ生活保護法の改正案と生活に困った人を支援する新しい法律案を提出しましたが、廃案になっています。

|

« 今後の自民党と国会議員らの対応に注目 | トップページ | なんなんだか? »

あきれ果てる話」カテゴリの記事