« 害務省の弊害 | トップページ | 今読んでゐる本 »

2013年7月25日 (木)

事実か否か?

<安倍首相>終戦記念日の靖国参拝見送りへ 中韓に配慮(毎日新聞社) は事実ですか?

貴殿は外国の戦没者慰霊はこまめになさいますが自国の事は放置ですか?

増々信用する気がなくなりました。

そしてこれ 

ダグラス・マッカーサーの甥が送った『竹島は日本領、拿捕した船員を解放せよ』の機密電文が発見されるに驚愕です。

なぜ政府と外務省はきちんと国民に知らせ竹島の日式典をしなかつたのですか? http://matome.naver.jp/odai/2134705799679082001

竹中平蔵氏や安倍氏等、外国人を日本に呼んで日本を保ちませう政策を叫んでゐる人は、日本人で国を成長させない事で一体将来何を目指してゐるのかと思ふ。

安倍氏は子供がゐないから自分の子が被害に遭ふわけではないが、他の官僚や議員は自分の子供だけは特権階級にゐられる仕組みでも作るつもりか?      

靖国参拝については騒ぐと行くのを止めるから騒ぐのだ。

幾ら騒いだところで行き続ければよい。内政干渉に抗議をすればよい。

どうせシナと朝鮮しか反対してゐないのだから断交して金も止めればよい。全員で行けばよいだけなのに、何をやつてゐるんだ?

http://www.excite.co.jp/News/politics_g/20130725/Mainichi_20130725k0000m010141000c.html

2013年7月25日 02時27分             (2013年7月25日 04時23分 更新)                  

安倍晋三首相は8月15日の終戦記念日に靖国神社を参拝しない意向を固めた。複数の政府関係者が明らかにした。

 参院選で与党が圧勝し政権基盤を強化した首相は、領土や歴史認識問題などで悪化した中国、韓国との関係改善に取り組む方針で、両国とのあつれきがさらに広がらないよう配慮する。

 首相は2006〜07年の第1次安倍政権時代、靖国神社に参拝しなかった。このことを、昨年の自民党総裁選の際には、「痛恨の極み」と述べており、第2次政権での対応が注目されている。

 首相はこれまで、「国のために戦った方々に敬意と尊崇の念を表し、冥福を祈るのは当然だ。一方、そのこと自体が外交問題に発展する可能性がある中で、行く、行かないを申し上げるつもりはない」(21日のNHK番組)などと明言を避けてきた。

 首相周辺は「首相は賢明な判断をされるだろう。(政権の)先が短いなら別だが、3年間ある。思いを果たすときは来る」と指摘。別の政府関係者も「8月は参拝のタイミングではない」と語った。

 与党内にも、8月の参拝を自重するよう求める声が出ている。公明党の山口那津男代表は21日、テレビ朝日の番組で、「外交上、問題を起こしてきたテーマなので、賢明に対応することが大切だ。歴史の教訓は首相自身がよくご存じだ」と述べた。

 ただ、安倍内閣は参拝の判断を各閣僚に委ねており、閣僚が終戦記念日に参拝する可能性はある。また、首相は4月の春季例大祭で真榊(まさかき)の奉納にとどめたことから、首相の支持基盤の保守層からは10月17〜20日の秋季例大祭での参拝に期待が高まることも予想される。中韓両国は秋季例大祭での首相の参拝も警戒しており、関係改善は見通せていない。【鈴木美穂

|

« 害務省の弊害 | トップページ | 今読んでゐる本 »

だうでもいひ話」カテゴリの記事