« 毎度でヤになるが、朝鮮人の本性 | トップページ | いかづち隊員のヒトトキ »

2013年7月29日 (月)

竹林はるか遠く、が教えてくれること

先にヨウコ・カワシマ・ワトキンスが書いた著書の紹介を少しした。

読み進めて思つたことを下記に記す。

敗戦国の国民となつた日本人は武器を持てずそこへ戦勝国や「自称戦勝国」と威張りだす「武器を持つ者」が来た時にどのやうな状況になるか知つてをくべき。

9条信者の言ふままなら子供達は殺されるか暴行されるか奴隷になるだけ。

子供を守る防衛を放棄させる奴らの言ひ分を信じるな。 (沖縄基地反対に掲げられた横断幕には朝鮮語もしくはシナ丸出し) A_zhu2pciaesv6e

896426a6

丸腰の日本人は殺されたり性犯罪と暴行の被害者。9条信者は武器を持ち日本を攻撃してくる敵を責めず日本を責める。

こいつらは敗戦国の状態にしたいのだ。

家族は兄を待つためソウルに留まつてゐたがヨウコの姉コウ「ソウルを離れやう。朝鮮人が女性を襲つてゐた。その女性は日本語で助けを求めてゐた。

彼らは女性をレイプしてゐた」の目撃談で朝鮮を離れることにする。

著者の姉コウが朝鮮人による日本人レイプを目撃後コウと著者は再度頭をそり(最初に朝鮮兵に襲はれさうになつた時に剃つてゐたが)年頃の姉は胸に包帯を巻き男装する。

今なお朝鮮に行きたい人は頭を丸め胸にさらしを巻いて行く場所と心すべき。

ヨウコらは食物を求めて病院のゴミ箱を漁る。

現在飽食で給食アレルギイだなんだと言ふ日本。

この本を読んで「食べ物が常にある」事に感謝をし先祖と神を敬ふ時代に戻るべき。

越が米に勝つたのは先祖を敬ひ伝統を絶やさないといふ気持の人々だからと思ふ。

|

« 毎度でヤになるが、朝鮮人の本性 | トップページ | いかづち隊員のヒトトキ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事