« 増税言つてる奴 | トップページ | チベツト人だつたの? »

2013年9月20日 (金)

増税して外国人にばら撒くだけの安倍政権

記事には公共事業へのバラマキと書いてあるが、これもまたマスゴミの「古い自民党が見え隠れする」ぢやないけど、「古いマスゴミが見え隠れする」。

大体、あれだけ台風で被害が出て橋や道路が老朽化してをり破壊されてゐるのが出てゐるのに、公共事業を否定するのはだういふことか? 疑問その壱

外国人への生保支給、留学生支援、所得税・固定資産税等税の優遇をして実質外国人から徴収してないくせに(諸外国でこんな事はありへない)、それを是正しない政府、それを指摘しないマスゴミ。

ここでも「古いマスゴミ」が見え隠れする。

安倍政権も安倍政権だが、マスゴミもマスゴミだ。

法人税減税がいいことのやうに放送してゐるが、あんなの対象はほとんど大企業でせう?

法人税が減税になり労働者の給金が増えるとかやつてゐるが、非正規雇用の給金はほとんど「固定」であり昇給はそう簡単ではないはずだ。その現実を完全に無視してゐる。

中小企業はどうなるのか? 給金があがるやうな影響があるのか?

が、ここで馬鹿なのは

給金が増えても消費税増税=物価上昇に等しい 流れで消費が増えるのか?といふ事だ。

昇給しても貯金するんぢゃねえの? プラマイゼロどころか、昇給の幅によつては絶対にマイナスになるだらう。

素人のあたくしでも、容易に推測できることを「経済学者」や「財務省」の「専門家」の方々はわからないらしい。

こんなバカだから、これまでデフレから脱却できなかつたわけだな。

https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose 各省庁へ抗議 

消費増税して財政は大盤振る舞い これでは一体何のための増税か(ダイヤモンド・オンライン)
http://news.goo.ne.jp/article/diamond/business/diamond-41943.html

2013年9月20日(金)09:00

安倍政権は、消費税率引き上げと引きかえに、3%の増税のうち2%分を経済対策で還元するという。スーパーなどに、消費税還元セールを禁止しておきながら、自らは2%分還元するというのでは洒落にもならない。

大盤振る舞いの背景には、公共事業の拡大をなどを目論む古い自民党が見え隠れする。新たな国債を発行しての補正予算・経済対策は、財政再建という消費税増税の趣旨と真っ向からぶつかるので市場のしっぺ返しを受ける。

大盤振る舞いの補正予算

 未だ正式な決定ではないが、安倍政権はようやく消費税率の8%への引き上げを決断したようだ。安倍政権にとって、国民に痛みを強いる初めての政治決断だ。筆者も大いに評価したい。ファイナンシャルタイムズ紙も社説で日本の経済政策を評価したが、実に何年振りのことだろうか。

 しかし、手放しで評価する気にはなれない。なぜなら一方で、社会保障・税一体改革が掲げた「社会保障の充実」と「財政再建」という目標が損なわれつつあるからだ。

 ここまで消費税率引き上げの最終決断を引き延ばしてきたのは、財政政策・予算に関する主導権を(財務省ではなく)官邸が握る、というパワーゲームを行っていることによる。

 わが国憲法では、予算編成権は内閣にあるので、官邸が予算編成権を持つことは正当なことである。

 しかし、予算編成権を持つからには、わが国がおかれた財政事情を正確に認識し、個別の利害を超越しつつ徹底した歳出削減を行っていくという固い決意がなければならない。

 主導権を握った官邸は、さっそく大盤振る舞いの補正予算編成・経済対策を行おうとしている。その規模は、「消費税率引き上げ幅3%のうちの2%分を還元する」という意味で5兆円だという。

|

« 増税言つてる奴 | トップページ | チベツト人だつたの? »

あきれ果てる話」カテゴリの記事