« 古典への誘い | トップページ | 呆れる行動は夫人だけではなかつた »

2013年10月18日 (金)

知事への提言

都営地下鉄の運行情報掲示が利用者が、殆どゐないシナ朝鮮語のためにスペースがなく小さい字でごちゃごちゃしてて大変見辛いです。

日本人の方が圧倒的に多い利用数なのに、それを全く考慮してゐないのはなぜですか?しかも高齢化で視力が衰えてゐるのにあんな小さな文字が見えるわけがありません。

シナ朝鮮語がスペースを取る分表示が小さくなるのは、この言語を使用しない外国人への差別です。日英表記のみにし、大きく表示すべきです。
そして、掲載する情報量も空いたスペース分多くすべきではありませんか?

五輪で世界中から観光客が来るだけではなく、都以外から日本人の観光客もやってきます。

その双方にとつて見やすく多くの情報量を掲載するのなら、日英言語にしぼり大きく多くの情報を表記すべきです。

上記は交通機関各社に送信できる内容と思ひます。

https://cgi.metro.tokyo.jp/cgibin/cgi-bin/fmail_input_disp.cgi?dep_id=ts02&scr_id=f001&lang_opt=00 東京都

https://voice2.jreast.co.jp/user_input.aspx  JR

|

« 古典への誘い | トップページ | 呆れる行動は夫人だけではなかつた »

だうでもいひ話」カテゴリの記事