« さういふことだつたのか | トップページ | 反日民族と「仲良くしたい」とはだういふ神経か? »

2013年10月12日 (土)

反日議員

有田ヨシフは、別の人にも矛盾点や捏造点を指摘されてゐる。 指摘され、彼はブロツクで逃げるやうだ。

そして、「法規制」とかやり始める。 この人はオウムを批判する論調で出てきたけど、最後はオウムに破防法適用を反対したらしいですね。 

そしてこれです。 反日どころか、犯罪者加担行為を信条としてゐるみたいですね

  1. ヘイトスピーチの法的規制について東京新聞が書いてくれました。これは問題提起です。法的規制は必要なのか。それはこれからの課題です。しかし、基本の基本は被害者の真情です。知ろうとしても当事者の心奥には届きません。そこからの出発です。

  2. 有田さん、ヘイトスピーチは法的規制がなくても防げますよ。諸悪の根源を断つことです。それに国内法では支那、韓国、米国でのヘイトスピーチは防げません。日本と米国で繰り広げられているヘイトクライムの被害者がすでに続出しています。

|

« さういふことだつたのか | トップページ | 反日民族と「仲良くしたい」とはだういふ神経か? »

あきれ果てる話」カテゴリの記事