« 今夜のお夕食 | トップページ | いかづち隊員のヒトトキ »

2013年11月11日 (月)

外国人が「日本にゐる」といふこと

この国の人が生保大盤振る舞ひの区に集まつてゐるが、関東に大震災があつた際こいつらはやはり略奪をして日本人に二重の被害をもたらすのなら即刻生保支給を止め強制送還すべき。

この区↓ には該当ニュウスの国の奴がやたら多い。この区の日本人は大丈夫か?

http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=341

外国人生活保護が東京で800件(2012年)とダントツ。
生活保護費も420億円で、区民税収374億円を超し、
受給者は約2万5000人で都内23区では最も多く、
なんと生活保護費が税収を上回る体たらくの、
足立区でデモを行います。
今や日本の生活保護は大きな問題です。

憲法25条が定めた“国民が最低限度の生活を営む権利”であるにもかかわらず、
当の日本国民がなかなかもらえない生活保護。

これこそ、日本人差別ではないでしょうか?

2013年度の生活保護費、自治体の負担分を加えた事業費総額は3兆7632億円。
数年後には日本の防衛予算を超えるだろうと予想されます。

台風被災地の救援難航=インフラ壊滅、略奪も―フィリピン・レイテ島 http://www.excite.co.jp/News/world_g/20131111/Jiji_20131111X868.html

             2013年11月11日 17時52分             (2013年11月11日 19時09分 更新)                       

フィリピン中部レイテ島などを襲った台風30号の被害で、フィリピン政府は11日、被災者の人道支援を本格化させた。ただ、被災地は猛烈な風雨や高波でインフラが壊滅状態で、援助物資の配給は難航。1万人が死亡したともいわれる中、犠牲者の確認作業も滞っている。

 レイテ島の中心都市タクロバンなどからの報道によると、破壊された同島の空港には支援物資を求める長い列ができ、被災女性は「水と薬が要る。私たちは心身ともに疲れ切っている」と訴えた。国連はフィリピン全土で60万人以上が家を失い、食料や水、医療品が必要だと指摘している。

 世界食糧計画(WFP)の当局者は「道路は寸断され、空港も駄目だ」と述べており、援助活動は思うように進んでいない。被災地の病院には患者があふれているが、医薬品不足で治療もままならない。

 地元当局にとっては、被災地での略奪対策も大きな課題になっている。タクロバンの雑貨店や現金自動預払機(ATM)が襲撃されており、軍は兵士100人を現地に派遣し、治安維持に当たっている。 

|

« 今夜のお夕食 | トップページ | いかづち隊員のヒトトキ »

だうでもいひ話」カテゴリの記事