« マスゴミこそ、「隠蔽」の元凶 | トップページ | まず外国人から取れ »

2013年12月12日 (木)

怒りの止まらないクソ映画

利休にたずねよって映画見たが、何あれ?

茶の湯の利休に美しさを教えたのが朝鮮女って話?

染料技術が日韓併合迄無く白い服だけで整形手術の必要な民族が茶の湯の美の原点?

世の空気と逆行する日本に喧嘩売ってる映画だな。あんなの海外に出品するな!!許せない。

かういふご意見もゐただいた

原作も利休の美意識が浅く中途半端にしか描かれていない。妄執、固執、物狂しいまでの利休の心理を経て、あの達観を得られた筈。浅い、と思う。直木賞も幅が広いと今更ながらに、と感じ入る次第。

歌舞伎俳優を起用して「嘘が本当と信じさせやう」とする朝鮮人のいつもの姑息な手段。

朝鮮の嘘のために日本を利用する姿勢は絶対に許せない。

ますます朝鮮人が嫌ひになりました。

他の方も同様の意見と思はれるものが次々・・・・ 

【映画】「利休にたずねよ」が韓国美化のクソ映画らしい - 2chコピペ保存道場http://2chcopipe.com/archives/51918367.html

全くこの通り。ほんとにハラの立つ映画だつた、原作は発禁にすべきだな。

あんなの海外で流して史実なんて思はれたら日本に対する最大の名誉棄損と侮辱

『【映画】『利休にたずねよ』の嘘を暴く【改訂】』 http://ameblo.jp/darkpent/entry-11727510707.html

 http://www.hoshusokuhou.com/archives/34797972.html

|

« マスゴミこそ、「隠蔽」の元凶 | トップページ | まず外国人から取れ »

あきれ果てる話」カテゴリの記事