« やつと・・・ | トップページ | マスゴミこそ、「隠蔽」の元凶 »

2013年12月 8日 (日)

何度もいふが外国人が口出すな

だから何回も言つてますが外国人の貴方が日本の行く末に不安なら出国して祖国朝鮮に帰ればいいのですよ、口出す必要ないの。

帰れば安全なのに何日本人気取りしてるの?

SBで通信料優遇されてあれこれ特権を得てゐることが出来なくなるから日本を守るための法律は反対だって?

ふざけんぢゃないよ!この密航犯罪者の子孫が!!

崔洋一監督「この国の行く末が不安」秘密保護法の危険性訴える ― スポニチhttp://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/12/07/kiji/K20131207007149190.html   

 国会周辺に詰めかけた反対派、採決に反対した野党の抵抗もむなしく、安倍政権による採決強行で、成立した特定秘密保護法。ただ、その内容を懸念する声は消えていない。日本映画監督協会理事長の崔洋一監督(64)もあらためて問題点を指摘した。

 ▽崔洋一監督の話 過去の歴史を振り返っても、国が「表現の自由」に手を突っ込んでくる時代は、ろくなものが生まれません。日本映画は幅広い題材を扱うのが特徴。特定秘密保護法は「法にひっかからないような映画を撮ろうよ」という自主規制につながりかねません。特定の色がついた映画だけになるのは恐ろしいことです。

人間は本来、好き嫌いがあるもの。さまざまな色の映画に触れて、好きか嫌いか、距離感をはかって成長していくのです。その元となる作り手が萎縮するようなことになってはいけません。安倍政権を生んだのは我々国民ですが「何でもやっていい」と言っているわけではない。こんなことが許されるようでは、この国の行く末が不安になります。

         [ 2013年12月7日 05:30 ]   

|

« やつと・・・ | トップページ | マスゴミこそ、「隠蔽」の元凶 »

あきれ果てる話」カテゴリの記事