« 永遠の0 | トップページ | 日本国の真の敵とは »

2014年1月 1日 (水)

新年早々敵が見えた話

なに、これ? やはり・・・といふ感じ。新年早々腹が立つが、見方を変えればこいつら反日裏切り者が静粛される第一歩が示されたと言へやう。

日本人はこれ以上、歴史捏造により日本を侮辱する反日シナ朝鮮とその手先に騙され、加担してはゐけません。

獄門引き回しにして、石投げの罰を与へたいわ!!

河野談話 日韓で「合作」 要求受け入れ修正、関係者が証言 - MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140101/plc14010112380006-n1.htm

2014.1.1 12:36 (1/2ページ)日韓関係

原案段階からすり合わせ

 慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」について、政府は原案の段階から韓国側に提示し、指摘に沿って修正するなど事実上、日韓の合作だったことが31日、分かった。当時の政府は韓国側へは発表直前に趣旨を通知したと説明していたが、実際は強制性の認定をはじめ細部に至るまで韓国の意向を反映させたものであり、談話の欺瞞(ぎまん)性を露呈した。

 当時の政府関係者らが詳細に証言した。日韓両政府は談話の内容や字句、表現に至るまで発表の直前まで綿密にすり合わせていた。

 証言によると、政府は同年7月26日から30日まで、韓国で元慰安婦16人への聞き取り調査を行った後、直ちに談話原案を在日韓国大使館に渡して了解を求めた。これに対し、韓国側は「一部修正を希望する」と回答し、約10カ所の修正を要求したという。

 原案では「慰安婦の募集については、軍の意向を受けた業者がこれに当たった」とある部分について、韓国側は「意向」を強制性が明らかな「指示」とするよう要求した。日本側が「軍が指示した根拠がない」として強い期待を表す「要望」がぎりぎりだと投げ返すと、韓国側は「強く請い求め、必要とすること」を意味する「要請」を提案し、最終的にこの表現を採用した。

河野談話の欺瞞性さらに 事実上の日韓「合作」証言 - MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140101/plc14010116300010-n1.htm

2014.1.1 16:30 (1/2ページ)

 証拠資料も日本側の証言者も一切ないまま強制性を認めた河野談話をめぐっては、唯一の根拠となった韓国での元慰安婦16人への聞き取り調査も極めてずさんだったことがすでに判明している。今回、談話の文案にまで韓国側が直接関与した事実上の日韓合作だったことが明らかになり、談話の欺瞞(ぎまん)性はもう隠しようがなくなった。

 そもそも、当時河野談話作成にかかわった当事者らはこれまで、韓国とのやりとりについてどう語っていたか。河野洋平元官房長官は平成9年3月31日付の朝日新聞のインタビューにこう答えている。

 「談話の発表は、事前に韓国外務省に通告したかもしれない。その際、趣旨も伝えたかもしれない。しかし、この問題は韓国とすり合わせるような性格のものではありません」

 河野氏は胸を張るが、政府関係者の証言によると、韓国側はこの言葉とは裏腹に、談話発表の日時にまでたびたび注文をつけていた。当時、宮沢喜一内閣は風前のともしび(談話発表の翌日に総辞職)だったため、談話発表後の実効性を懸念したのだとみられる。

 一方、事務方トップだった石原信雄元官房副長官は同年3月9日付の産経新聞のインタビューで次のように述べていた。

|

« 永遠の0 | トップページ | 日本国の真の敵とは »

あきれ果てる話」カテゴリの記事