« 新年早々敵が見えた話 | トップページ | すぐに愛国=右翼=ナチスと持ち出す反日共産主義者 »

2014年1月 3日 (金)

日本国の真の敵とは

個人的な意見であるが、私は日本國の「真の敵」は「同盟」を連呼する米国だと思ふ。

考えてみやう。

こいつらは、まず、国際法違反の原爆を使用し東京大空襲を含め多くの「民間人」を虐殺した。

そして自分らの罪を隠すために「戦勝国(とどのつまり人種差別をして植民地政策をしてゐた国々が中心)」で東京裁判と言ふ名の茶番を行ひ、日本人に日本が悪いといふ先入観を植え付けた。 東京裁判に関しては、印度のパル判事の見解があるので参考にされたい。

そして、日本國解体・破壊のために皇族の方々を追放し、男系男子である天皇陛下の血が絶えるやうな工作を行つた。 

マツカアサアが昭和天皇に感動したといふ話がバラまかれてゐるが、よくよく考えてみれば男系男子で続いてきた天皇陛下が女系が即位するやうな事があれば、それは日本の国体の破壊である。 現在皇室には女性の方々がおいでになつてゐるが、追放された旧皇族には「なぜか」男系男子の方ばかりがおいでになる。

これはだういふことか? 皇族は皇族で育んでいきなさいといふ神の啓示と采配のやうにしか見えない。 

次に米国が行つたのは、大日本帝国憲法といふ明治憲法を「天皇主義」とレツテルを貼り、この憲法により日本人が戦争によつて悲惨な目に遭つたといふ筋書きと、日本に防衛力を含めた戦力を放棄させて無力化することである。

9条がそのいい例である。そして日米同盟で軍事力は米国がやりますと持ちかけ、日本國は日本人が危機に晒されてもこの「憲法9条」により自国民を助けられない状態になつてゐる。

ざッと書いたが、米国はこれらを進めるために共産主義者を動員して行つた。それが自分らがソ連と冷戦になつて、まずくなつたのでいきなりアカ狩りなんぞを始めたのである。

とどのつまり、全部自分らの都合なのである。 

こいつらの「日本を見下す」態度は、この間就任した大使にも表れてゐる。

詳細はこちらをご覧いただきたい。 

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/51cbaa1d9ff24a62b2186f36a5332f48

そして、靖国参拝や慰安婦の嘘言及についてあれこれ口出しまでしてくるその姿勢は完全な内政干渉であり、植民地とでも思つてゐるのではないか?

私は米国のdisappointの意味云々よりも、他国の事に関してあれこれ言ふその姿勢が許せない。

失望だらうが懸念だらうが遺憾だらうが、他国の戦没者慰霊に関してあれこれ口出しするのが間違つてゐる。この時点で既に許せない。

歴史捏造してナチと同列だなんだ言ふのは論外に許さない。

アメリカ大使館FB,炎上中ですね。 https://www.facebook.com/ConnectUSA

不買のコメを投稿されてゐた方がゐますが、賛成です。 政治屋が強気に出られないのなら消費者がそッぽを向けばいいのです。 その内米企業から米議員へ圧力が行くことでせう。

ハリウッド映画全般
アフラック コカ・コーラ ペプシ マクドナルド アマゾン DELL マイクロソフト アップル ハーゲンダッツ コーチ ティファニー ディズニー 
サーティワンアイスクリーム ドール ユニバーサルスタジオ ケロッグ P&G アリエール  ボールド  さらさ  レノア  ジョイ  ファブリーズ  パンテーン
h&s(エイチ・アンド・エス)  ヴィダルサスーン ハーバルエッセンス  ウエラ パンパース  ウィスパー  SK-II  マックスファクター    ジレット ブラウン

Deputy’s Cornerにようこそ。在日米国大使館の首席公使として昨年12月に着任したカート・トンと申します。 http://japan2.usembassy.gov/deputy/j/deputy-jmain.html

このブログは「読者参加型」の対話の場にしたい。ご意見をお待ちしています http://japan2.usembassy.gov/deputy/j/deputy-jcomments.html

ださうなので、内政干渉するなと送信しました。まぢでこれ以上米国による「同盟」連呼による敵国対応は許せません。

それから、驚いたことに米国に「文化交流部」なるものがあるさうです。

米国に「文化交流部」なるものがあることに驚愕ゐたしました。

米国は日本國の文化を理解せず、尊重もせず靖国神社に参拝するなと侮辱の口出しをしながら、「文化交流」とはどういう意味ですか?

とどのつまり、米国の言ふことだけを聞いて米国の文化とやらを日本に導入しろと言ふことですか?ふざけるにもほどがあります。

大体、国際法違反の原爆投下による民間人大量虐殺をしておきながら「原爆投下は正しい」などと主張するたかだか建国200年の米国が建国2674年の我が国にあれこれ口出しをする権利はありません。

米国が「原爆投下は正しい」と主張されるのはそれが米国の文化だからですか?原爆投下が正しいとご主張されるのなら靖国参拝も正しいのです。

天皇陛下に対する大使の態度も礼儀もなってゐませんね。あれが米国の「文化」ですか?戦後ずーーと米国の我国に対する「口出し」を見てきましたが、これ以上内政干渉するのはお止めください。それとも「内政干渉」が米国の文化で止められないのでせうか?

日本にはそんな文化は不要です。靖国参拝に対し口出しをしたことを撤回・謝罪し二度と日本国に口出しするのを止めてくだい。

私は今後米企業の製品を人生から排除していきます。他の日本の消費者が同じことをするかもしれないですね。米企業が利益をどれだけ日本であげられるかしりませんが、頑張ってください。

といふわけで、トオタルして考えると 米国は真の敵国、日本を利用してゐるだけ。 米国は自国の利益のために、日本を黙らせるためにシナ朝鮮に加担し歴史捏造の事実を公表させないやうにしてゐるのであらう。 なぜなら戦後GHQが占領する際、朝鮮人を利用してゐたのは、ほかならぬ米国だからである。

 

|

« 新年早々敵が見えた話 | トップページ | すぐに愛国=右翼=ナチスと持ち出す反日共産主義者 »

あきれ果てる話」カテゴリの記事