« 危機管理できてないよ | トップページ | ちよつと、驚いた話 »

2014年2月18日 (火)

日本国のほんたうの敵国の工作

親日工作ですか? 

あまりに白々しいですよ。

呆れて物が言へないしますます嫌ひになりました。

こんなことで騙されるとでも? まず原爆投下と東京大空襲他国際法違反の民間人虐殺を靖国神社で土下座謝罪してから親日気取りなさい。  

日本人はこんな工作に騙されてはゐけません。 こいつらは日本人をナメてゐるのです。

親日を気取れば収まるだらう、騙せるだらうと思つてゐるのです。騙されてはゐけません。

http://deputyscorner.jp/j/deputy-j20140214.html 

子どもの成長

(2014年2月14日)

カート・トン

 人は、誰もがいつかは大人になるもの。今年の「成人の日」、わが家でも日本の慣例にならい、20歳になった次女のレイアに振袖を着せ、髪もきれいに整えてお祝いをしました。18歳の息子カイルと21歳の長女ミアにも晴れ着を着せました。 (続きはリンク先で)

それから、

「日本発の危機」に警鐘 大統領訪日の課題で米紙 - MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/・・・/140218/amr14021809510001-n1.htm 

17日付の米紙ワシントン・ポストは、安倍晋三首相の靖国神社参拝に伴い「オバマ政権にとって最も深刻な安全保障上の危機」をアジアで日本が引き起こす可能性に警鐘を鳴らす論説記事を掲載した。

 オバマ大統領の4月訪日にも言及。「危機の予防が大きな位置を占めることになる」として、訪日の課題になると指摘した。

 論説は靖国参拝で、(1)中韓両国と日本が関係を改善する可能性が消滅した(2)日米関係も損なわれた(3)安倍政権への敵意に加え、オバマ氏と安倍氏の間には溝があるとの認識から中国の指導者が力の行使を試みる可能性が出てきた-と分析している。

 ワシントン・ポストは12日付紙面で歴史認識をめぐる安倍政権の姿勢を批判する社説を掲載したばかり。(共同)
の反日工作および内政干渉をおやめなさい。

|

« 危機管理できてないよ | トップページ | ちよつと、驚いた話 »

あきれ果てる話」カテゴリの記事