« ちよつと、驚いた話 | トップページ | 共産主義者の「小狡さ」 »

2014年2月20日 (木)

朝鮮左翼共産主義者のシナリオ

朝鮮左翼共産主義者の「戦争」妄想が面白い。かうやつて妄想をばらまき、人々の恐怖を煽り、日本の防衛力を落とすための9条死守を展開しシナ朝鮮のために日本を無力化へと導くわけか。完全にシナリオを見えてますけど。

朝鮮左翼共産主義者は大雪でも「被害者」報告ツイはリツイするが、国道が復旧してゐるとか雪かきが進んでゐるとか「前向き」な事はリツイしない。根本がほんたうに暗く、被害者になることで政府や日本を攻撃したいらしい。ものすごくよくわかる事態が最近頻発してゐる

面白いなあ、だから必死になつて東京裁判史観を繰返してゐるわけだな。とどのつまり歴史捏造で日本が悪い事をした、といふ工作が大事なのだ。ここに来てほんと正体を現してくれてゐる

中国と韓国の関係は良好な方向に進んでいる。この両国との関係が尖鋭化している国は世界中で日本だけである。安倍晋三の靖国参拝や歴史認識は日本を国際的に孤立させる。米国との関係さえ良ければと思っても米国はこと歴史認識では中韓と一致している。 

何正体を現してゐるのだらうか?これまでの属米は自民党にはびこる共産主義の反日がやつてゐたが、ここに来てそれを告白してゐるやうな内容である

続)で、またタイミングよく、衛藤晟一が米国批判。これ、安倍晋三の指示でやっている可能性が高い。米国に対するブラフ外交。靖国を正式に認めろと。突っ走るね、安倍晋三。オバマ政権、そろそろ腹を決めて、安倍晋三を降ろす決断をしないといけないよ。

|

« ちよつと、驚いた話 | トップページ | 共産主義者の「小狡さ」 »

だうでもいひ話」カテゴリの記事