« 朝鮮人の犯罪 | トップページ | はずかしい学校 »

2014年3月29日 (土)

犯罪予備軍の入国に手を貸す政府

これ不要ですよね?

犯罪目的の奴も楽々入国?

日本の税金使つて何してる?

日本を守りたいなら徹底的に水際で怪しい奴は入国させるな。

成田の入国審査のところに整然と列で並ばせるポールがなく「しゃがんで通り抜けようとする外国人がいます。見かけたらお知らせください」なんてふざけた貼り紙見ましたが、大好きな外国の視察で何を見てるのですか?

テロ対策の米国の空港を見習ふべきです。

→ 入国カードの記入で早くも壁にぶち当たった。幸い、近くに各国の言葉を話せる案内の人がいたため、この難関を突破できた。まったく焦りすぎて汗をかいてしまった。 http://www.excite.co.jp/・・・/Recordchina_20140327013.html 

中国人観光客、車掌さんが指差した言葉に大ショック!―中国ネット

2014年3月27日 06時58分 (2014年3月29日 00時17分 更新)
「あなたは電車に乗り間違えています」。私たちは大ショックを受けた。

夜、ホテルに戻ると、飲みかけのジュースが入ったコップにティッシュが被せてあることに気付いた。中国では経験したことがない細やかな気配りに、私は日本の素晴らしさを再認識した。(翻訳・編集/北田)
2014年3月26日、年初に友人2人とともに東京を訪れた中国人観光客が、自身の体験についてブログにつづっている。以下はその概要。


パスポートを取得してから大分経ったが、最初に訪れる場所は日本を置いてほかにないと思っていた。日本のデザインの芸術性と日本人の生活に強い魅力を感じていたからだ。日本について、われわれは理性をもって見なければならない。歴史上の侵略や好戦的な態度は憎むべきだが、その優秀な文化は中国人が学ぶところも多い。

英語も日本語も話せず、知り合いもいないくせに、フリープランを希望する私たち3人にとっては、飛行機を降り立ってからの第一歩が肝心だった。しかし、入国カードの記入で早くも壁にぶち当たった。幸い、近くに各国の言葉を話せる案内の人がいたため、この難関を突破できた。まったく焦りすぎて汗をかいてしまった。

空港を出て、「さて、どうやって電車の切符を買おうか」と迷っていると、中国語のプラカードを持っていた男の子に出くわした。聞けば日本の大学で学ぶ留学生だそうで、新入生を迎えに来ているとのことだった。彼は「新入生と合流したら、私たちといっしょに行きましょう」と言ってくれた。なんてラッキーなんだ。

ホテルは秋葉原の近くだった。3人でスーツケースを引きながらさまよったが方向がわからず、結局タクシーに乗ることにした。東京のタクシーは、あちこちに小さなライトが付いている。ドライバーのほとんどは白髪交じりのおじいさんで、手には白い手袋をはめている。とても面白い。

東京での初めての食事はラーメンだった。行列が地下から地上まで連なっていて、とても興味がそそられた。店は20~30平方メートルほどで、注文は食券を買うスタイルだ。さすがに有名なだけあって、味は中国の『日式味千ラーメン』よりもおいしかった。

翌朝は気持ちのいい晴れだった。私たちは浅草で、年配の芸術家に出会った。後ろには、彼の作品がずらりと並んでいた。どれも素晴らしく、写真を撮りたかったのだが、遠慮を感じて撮れずにいた。すると、老人は手振りで「撮ってもいいよ」と合図してくれ、私たちは飛び上るほどうれしかった。

3日目には、朝から箱根の温泉に向かうため、新宿駅のコインロッカーに大きな荷物を預けて、電車に乗った。車掌さんが切符を確認するとき、毎度のことながら意思疎通ができなかった。すると、車掌さんは英語と中国語と韓国語が書かれたハンドブックのようなものを持ってきて、あるひと言を指差した。

|

« 朝鮮人の犯罪 | トップページ | はずかしい学校 »

あきれ果てる話」カテゴリの記事