« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月26日 (土)

続けるか否か

年間、4000円

何が得られるかといふと、番組収録参加とか、チケツト優先申込とか、会報が年に数回送らるとか、メルマガがきて出演情報や発売情報がわかるとか、サイトの動画が一般公開よりも数十秒長くみられるとか

それ以外になにかあるのかな?

そもそも、番組収録やチケツトは当選しないと利益がない。番組収録に至っては、テレビ局の会員になってもチャンスはある。

動画は30秒くらいなら会員でなくとも見られる。

出演情報は番組表を観ればわかる、雑誌他は図書館でみられる。

会報・・・ これが全くひどいもので、一冊千円の価値がここにあるのだらうか?と思ってしまう。

それぞれの担当があるのはいいのだが、薄いし

ここが熱心ではないのだが、ほとんど読んでない・・・  細かな字でびっしり書いてあるんだけど、あれもう少し大きな字にして紙面もゆとりを持たせて読みやすくしてページ増やしたら?

と言いたくなる。 あの事務所相当御金あるでしょ?会報のページを削減してまで、あれの利益を搾取したいのか?と疑いたくなる。

そこに来て・・・ チケット転売騒ぎで、本当に行きたい人が当たらない問題が浮上した。

顔認証システムを入れるも、複数名義で同じ顔、男の名義で女の顔、入れ替えての申込が当選していることがネットでつぶやかれている。

入場時には、デジタルチェックではなく目視で、肝心の顔を見てない係員もいるらしい。

あれだけ金のある事務所なのだからポータブルの顔認証システムを入口に導入し、犯罪者摘発同様に違う顔とか同じ顔写真を見分けろよ、と思う。

確かにライブセットは御金かかってますよ。それは認める。しかし、その分入場料も上げてるじゃないの。

タレントの給料が上がっているのならともかく(それもそんなにあがっていないような気がする)、先日の解散報道で大騒ぎで悪者扱いになった幹部らについては

相当財産をお持ちのようだし、少しファンというお金を一番だしてるところに還元したら?と言いたくなる。

とにかく、チケットの件はどうにも承服できない。 不正が通っているのが許せない。そして、またオークションに出てるというのが許せない。

もう関係者だけでやりなよ、番組収録もいい席は関係者でしょ、ということもあったし。

関係者大事で業界でやっているのなら、わざわざ一般人に公開することないでしょうとまで思う。

こう考えると

別に今年の更新もうしなくてもいいかな・・・・と思う。年間4千円も払う価値が見いだせない。

|

2016年3月25日 (金)

非居住地生産のドレッシング

いつも行くスーパーは、最近新しい試みをしていて

「お取り寄せいたします」という銘を打って買いたい商品の投書箱を設けた。

そこのリクエストにあったのか知らんが、この地域からは遠く離れた他府県の商品が並んでいた。

「近藤造酢株式会社」と書かれたその製品は、「ごま味噌(信州味噌使用)」「大生姜(高知県産生姜使用)」「ゆず胡椒(大分県産使用)」「玉葱(淡路島産使用)」「にんにく(青森県産使用)」と多岐にわたる商品が並んでいて、選択に迷うものであった。

で、ここはあまり見ない「ごま味噌」を購入してみた。

野菜にはすごく合う。

それで、豚肉を焼いたものに味付けしてみたらどうだろう?と思い、先日やってみたところ

冷めても凄く美味なのである。 ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙  

それで、まだ残りがだいぶあるのに売り切れによる購入不可を避けるべく、今日もう一本購入した。

その前に、「ゆず胡椒(大分県産使用)」もためしに購入して、鶏胸肉をレンジでチンして蒸し鶏風にしたものを小松菜を茹でたものや玉葱を酢とはちみつで炒めて冷蔵庫に入れたものの上に置いて、このゆず胡椒ドレッシングをかけてみたところ

( ^ω^)おっおっおっ

すんごい美味しかった。

葫とか生姜のドレッシングもすごく気になったのだが

味噌が大変美味しかったのでまたキープの意味で購入してしまった。

大阪のアンテナショップに行けばいつも買えるのかな~

((w´ω`w))

|

2016年3月23日 (水)

そんなに家族が頼りなのか

具合の悪い人が出現して早退云々の話になった。 その人は一人暮らしで遠距離通勤のため、「なるべく」近くに住んでいる人が帰宅する時間に一緒に帰宅させることとなった。

それはいいのだが。

人々が「心配」しているところによると:

一人暮らしで遠いので、きちんと家に帰れるか (いやしくも社会に出てウン十年だが)
一人暮らしなので、家について病院に行けるのか、身の回りのことができるのか
一人暮らしなので、親に来てもらうことがすぐに出来るのか

等々

いや、大の大人でしょ?と疑問が湧かずにいられないことを話していた。

そのうちの一人は、先日早退した際に電車の中でどうしようもなく気持ちが悪く、嘔吐対策のビニールを用意していたくらいらしかったが

駅からタクシーで帰り、親と同居のため高齢の親に病院に車で連れて行ってもらったそうである。

へえ・・・・  ( ̄◆ ̄;)

世間ってそういうものなのか。

わたくしごとの話をすると

小学生に上がる前に母親が手術だ入院だであまり家におらず、預けられたり家に一人でいたり、親がまーーーったく構う時間も気もなかったので

誰かに頼ることは考えなくなった。 所詮人間は一人、人間は自分の事しか優先に考えない、甘えるのはお荷物

という思考になっている。 結局頼りになるのは自分、そんな感じで数十年来たので

一人暮らしの今、なんとか家に帰る前に冷凍食品等はコンビニで購入し(これも今便利な時代、買えば手に入るのだもの)、そして医者に行くよりもまず寝ます。

寝ると大抵のことはなんとかなるもんです。 熱で目が覚めたら頭を冷やしてまた寝ればよいし寝れなくても横になっていればそのうち寝ます、人間とはそういうものです。

頭冷やして寝ていれば、下痢にも嘔吐にもなんともなく、体の中の悪い物がでればそのうち具合が回復して起き上れるようになります。

インフルエンザだったらし~な~、あの症状、とかいうのもありましたが

人間、変に過剰にするよりも放置しておけば免疫だかなんだかがついて結構丈夫になります。 精神的に、強くなっていることが前提なのかもしれませんが。

世間の家って、暖かいんだな~と思っておりました。 あんまり暖かすぎるのもだうかと思います。

回りが死んだら、自分ひとりでこなさなければなりませんので。

|

2016年3月21日 (月)

税金で金を得てる官公庁のやることか?

今までずーーと疑問でした。

たった一本の桜の樹の花が開いているか否かを

わざわざ

税金で給金を得ている人間が見にきて 「開花しました」と宣言することが必要なのか。

あまりにも下らない。そんな事をする人材に金を払うなら、首都圏直下型地震の警報とか兆候とか西ノ島他海底火山活動とか

もっと人に影響を及ぼすことに人材と金をかけるべき。

そもそも、ここで開花してなくても別の場所で開花してるでしょ。

こんな宣言、必要ですかね?

「気象庁は21日、東京都心で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。昨年より2日、平年より5日いずれも早い。  21日午前11時ごろ、気象庁の担当者が、千代田区の靖国神社にある標本木で、8輪の花が開いたのを確認した」

|

公共施設の意義

このおニュウス見た・・・

「宮城県の多賀城市立図書館が、レンタル大手TSUTAYA(ツタヤ)を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者となる形で21日、リニューアルオープンする。

 「ツタヤ図書館」は佐賀県武雄市と神奈川県海老名市に次いで全国3例目。20日には内覧会が開かれ、菊地健次郎市長は「東北随一の文化交流拠点にふさわしい施設。多くの市民が集い、交流する場となってほしい」と話した」 (後略、共同通信47NEWS 3/20)

以前佐賀県武雄市の図書館が利益優先のため、郷土資料等図書館でしか見られないものが閲覧回数が少ないとかで蔵書から外したという現実をツイッターで見た。

しかも 「レンタルの企業」らしく商売優先のような品揃えばかりになったり、カフェ併設とか飲食禁止の図書スペースのイメージを失くしていて、蔵書は汚されないのか?という不安も集う状態になっているらしいと知った。

行政はばかなのか。 何を考えているのか知らんが、本来図書館は調べものとそれに伴う勉強の場を提供する場所であるはずだ。

貴重な資料を、図書館だからこそ無料で閲覧できるのだ。 そこらへんのレンタルサービスと同じになる必要はない。

今日地元の図書館でアンケートをやっていたが、「希望する設備」にカフェだのDVDを増やせだのの選択肢があったので、多少ぞッとしていたところだった。

民間の利益追求施設とするなら、公共施設の意味が全くない。貴重な資料を処分する費用は当然税金なのだろうが、税金で納税者の役に立たないことをするのは止めてほしい。

こういうことを考えるのは教養のない、図書館で勉強する機会も持たなかった可哀想な人たちなのだろうか?

なぜかそういう奴に限って国立大を出て公務員試験に合格しているのだから、公務員試験には全国の図書館でしか見られない資料から出題して、教養のある人間を採用するようにすべきだ。

公共施設の意義を無駄にする政策は許せない。

|

きのふの夢

家に居て、ネットバンキングしている。

寄付するらしい。

どこかの団体に百一万何千円だか寄付する。

その後、残高が不足で寄付額がマイナス表示され慌てる。

| | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

いかづち隊員のヒトトキ

凄く甘える、いかづち隊員







1日何回も人の膝に来て寝る。

昔は好きな所でよく寝てたのに、何故こんなによく来るようになったのだろう?

不思議だけど、こんなに来てくれると休みの日は引きこもって、ぬこの寝台になるのもいいかなぁと考える。(^_^)

今政治があれこれ、反日が明るみに出て日本の邪魔をする集団がやたらマスゴミに取り上げられているけれど

早く反日はまず日本からそして世界から消滅して欲しい。

最近とみに昭和天皇が御詠みになった明治天皇の御製を思い出す。

四方の海 皆同胞(はらから)と思う世に
など波風の立ち騒ぐらむ

周りはみんな仲間と思っているのに何故こんなに諍いが起きるのか、とか言う意味だったと思う。歴史捏造してわざわざ日本悪と騒ぎ、金と技術を要求してる民族とかそれに加担する日本の官僚、議員他。

いかづち隊員が平和に毎日寝られる日はこの日本の敵が居なくなってから初めて保障される気がする

(´・_・`)

| | トラックバック (0)

2016年3月16日 (水)

何を寝とぼけたことを言つてゐるのか

一切の支援を止めるべき。

歴史捏造し後退してるのは支那。支援を止めればだうなるか是非みたいがこれまで歴史捏造に加担してきた者の罪は大きい。

NHKニュウス 

中国首相 関係改善へ日本に「言行一致」求める

中国の李克強首相は16日に記者会見し、日中関係について「改善の勢いは弱い」という認識を示したうえで、「言行を一致させるべきだ」と述べ、関係改善がさらに進むかどうかは日本側の対応しだいだという立場を示しました。
李克強首相は16日、全人代=全国人民代表大会の閉会後に恒例の記者会見を北京の人民大会堂で行いました。この中で、日中関係について「現在、改善は見られるが、勢いはまだ弱い」という認識を示しました。そのうえで、「歴史の原則的な問題についての共通認識に基づいて、言行を一致させるべきだ。後戻りする事態は目にしたくない」と述べ、関係改善がさらに進むかどうかは日本側の対応しだいだという立場を示しました。
また、ことし日本で開かれる予定の日中韓3か国の首脳会議にどう期待するかという質問には、正面から答えるのを避けました。
一方、中国経済の現状と今後の見通しについて、李首相は「景気減速の力が確かに強まり続けていて、中国経済には困難と希望がともに存在するが、希望のほうが困難より大きい。中国経済がハードランディングすることはありえない」と述べ、構造改革を進め安定成長を実現することに自信を示しました。
さらに、去年以降、上海株や通貨・人民元の急落が相次いだことに関連して、李首相は「政府には市場を監督する責任があり、情勢の変化に対応して金融監督のシステムを改革し、改善する必要がある。監督が届かないところを残してはいけない」と述べ、株式や債券など商品ごとに分かれている今の金融監督当局の再編を進めていく考えを示しました。

|

2016年3月13日 (日)

けふのお写真

寒い日が続くけど、春みたいな写真が撮れた

(⌒▽⌒)




| | トラックバック (0)

2016年3月12日 (土)

読み終わった本

恵 隆之介氏の「新・沖縄ノート 沖縄よ、甘えるな!」(「誰も語れなかった沖縄の真実」を改題・改訂した本。

正直、驚いた。

マスゴミは相変わらず、沖縄が本土の被害者的存在で基地を押し付けられているという風潮の報道を続け、「反対派」の行動を放送しているがあの人たちが沖縄県民ではないことや共産党や朝鮮人や支那人という反日の集団であることは決して放送しない。

今はネットがあるので、ツイッター等で基地反対派の矛盾や正体がどんどん流れている。

それを踏まえていても、新鮮な驚きと沖縄の歴史がわかり勉強になった。

目次をざっと紹介すると:

第1章 沖縄に迫る危機

第2章 普天間基地問題は解決できる

第3章 歴史のなかに見る沖縄の姿

第4章 米軍政下で味わった贅沢

終章 沖縄をどう統治するか

第1章 沖縄に迫る危機は、現在や過去にわたり沖縄で知事を務めていた人のルーツともいえる事が書いてあり、正直「噂は本当だったのか」と驚く。

この歴史を知って読んでいくと、沖縄という場所は今に始まったわけではない反日の共産主義者がはびこり、支那人がそれに乗っかるという大変危険な場所だったことがわかる。

最近よく「左翼」という言葉が使われているが、「左翼」というのは根本は日本のためを思う気持ちがありそれを根底として変革を進めるものだと思うが、今日本で「左翼」と呼ばれている連中や集団は根本が「日本否定」の外国人や共産主義者であるので、「左翼」ではなく「反日」だと思う。

この反日が教育現場やマスゴミに入り込んで今に至るのだということがよくわかるのが本書である。

そして、ネットの台頭により若者が事実に気づき始めているのが今の状態であろう。

第4章の沖縄の贅沢は驚いた。本土の大変さばかりが戦後の日本の状態として放送されることが多いが、一方沖縄では・・・という内容も放送すべきだ。

沖縄を変に「被害者」にしたために税金投入ばかりを行い、今に至るのが現実だろう。

変るのが必要なのは本土の人間だけではなく、沖縄の人も変る必要がある。それを教えてくれているのが本書だと思う。

|

2016年3月11日 (金)

2時46分

先程、銀座を通りかかった。

和光の付近に来ると何やら人だかりがしている。見ると半旗が掲げられていた。

嗚呼そうだ、もう直ぐあの時間だと思い進んでいくと交差点のところはカメラやスマホを構えた人達が集まっていた。

テレビカメラのクルーも大勢いた。彼らは最前列に陣取り、まるで知らされていたかのように「いい席」を確保していた。

その時刻が来て鐘が鳴り

黙祷よりも写真を撮る音ばかりが響き、カメラクルーに至っては交差点に入ってきた大型車が画の邪魔になる事をしきりに気にかけるコメントを繰り返していた。

皆あの写真をSNSに載せるのだろう。

半旗を掲げているのを見て流石和光だと思いつつ、終戦の日に高々と国旗掲揚していた幾つかの企業の建物を思い出し

あれらの会社は今日どうしているとかと気に成った。

一人あの日の事を思い出しながら歩き

200年前に既に津波があの地域に来ていた写真があり、教訓を残して被害を免れた地域と教訓を残さず街を作り再度被害を出した地域の政策を思い、

堤防なんて無意味な物を作るより、人の生活の場を移して被害を未来に出さないようにすべきではないのかなぁと考えながら歩いた。

|

2016年3月 6日 (日)

安倍政権の矛盾

安倍政権のやっていることは今までを見て、全く理解ができないことのオンパレード。

1. 日本を守りたいとしながら領海侵犯に自衛隊すら出さずに島民の生活を脅かしたり、日本の食文化である鯨やいるかを批判する外国人を入国・滞在させ日本人の生活を脅かしたり器物損壊行為を放置している。

2. 日本を取戻すとしながら、朝鮮の嘘に加担し年末にわざわざ訪韓して余計な合意をしてきた。その結果、「日本政府がやっと嘘を認めた」という世界の論調になり慰安婦の嘘を吐いてきた朝鮮人は世界中に慰安婦像やら天皇生首などの写真を出して日本を批判することに加担しつづけている。

3. 景気回復を言いながら増税して景気を失速させた。そのくせ外国人への生活保護、留学生費用には税金を使いつづけ、社会福祉費用が足りないなどとホザく始末。本当に財源がないならまず日本人のために使え、外国人への支出を止めるべき。

4. 移民政策は取らないと先日国会で答弁したようだが、すでに移民と思しき人たちが沢山きている。東南アジア、支那、朝鮮、南米(?)と思しき人たちが急増している。そしてその人たちは欧米人のように旅行をしているのではなく、生活しているように日常に見かける。スマホを必ず持っているが、日本人ですら高いから下げろと官僚に指示されているスマホを平気で持ち続け、生活しているその資金はどこから出ているのか。既に移民受け入れして日本の税金を使っているとしか思えない。

5. 日本の伝統文化和食を世界遺産に、とかで明治時代の家族の食卓風景をだしたが現在進めている政策は男女ともに働けという家から人がいなくなる政策であり、外国人家政婦導入の話をしている。 外国人に日本の和食がきちんとできるのか知らないが、俄かに来日した外国人にできるわけがない。

6. 女性の活用・女性の活躍といいながら外に出ることばかりを推奨し、家にいて家の仕事をする女性の活躍について紹介したためしがない。それでは5につながる日本の伝統食を保つことができるわけがない。和食を壱から作ろうと思ったら手間と時間がかかり、外で働くことは大変難しい。安倍のいう活躍というのは女性から嫌われている昭恵のような「立場を考えずにどこにでも顔を出し、夫を批判する講演をする」ことだろうか。

7. 女性の活用、企業は女性を雇用して出世させろとかやっていたが保育所を増やす準備もせず、子供を持てるようにしていない。安倍は上手い事を言って日本人に子供をつくらせず増税し、人口減と税収減を理由に人を補うには外国人を、移民をという話をして日本人をいなくさせる事に加担しているようにしか見えない。

まだまだあったと思うけど、ざっと思いつくだけでこれだけある。

自身のFBは気に入らないコメントを削除しアカウントをブロックするくせに、「扉は開かれている」だの本当に理解できない。

少し正直になって日本の利益のために働け安倍晋三。

|

読み終わった本から思うことあれこれ

最終目標は天皇の処刑 中国「日本解放工作」の恐るべき全貌 ペマ・ギャルポ氏の著書。

これは何かと言うと、某議員だか官僚だかが随分前に支那へ行った際に入手した「日本解放工作」と名のついた日本乗っ取り・侵略工作の段階を踏んだ詳細な手順について書かれたもの。

一読の価値あり。

しかも、「ペマ・ギャルポ 本」で検索するとこの本を「デタラメ」と否定するブログのリンクも一緒の画面に出てくる。

このブログには「尖閣諸島は支那(中国)と共同管理で」とか出てくるので、このブログ主の立場がよくわかる。日本の領土を他国と共同管理などという日本人などまともではないし、この見解の人間が否定する本ということは、日本人には知られては困る内容なのだろうと容易に推測できる。

果たして、読まれては困るものなんだな~とよくわかった。 ギャルポ氏は支那に侵略されている国のチベットの出身であり、この本には支那がいかにしてチベットを騙して今の状態にしたのかが詳細に書いてある。

そして、その手口と「日本解放工作」の内容のどこが一緒なのか、過去日本に起きてきたことがこの解放工作のどこの部分なのかということも書いてあり、日本人がノホホンと過ごしていることについて警告を与えてくれているように思う。

日本人は日本に好感を示したり、日本の味方のような見解を示す外国人が日本に取っていい人だと簡単に信用する傾向があるが、少し考えたほうがよいと思う。チベットを侵略した支那が最初にやった手口がチベットの味方のように思わせることだからだ。

冷静になって「外国人が日本の政治や文化・習慣にあれこれ言うことの目的はなにか」と一つ置いて考えることが必要だ。

というのも、先日支那人が日本の左翼や支那他反日工作をする国を否定して日本の為になるような内容の本を出したが、この人物は表紙にチベットを侵略して奪った動物、パンダを使っている。本当に自国のやり方がおかしいと思ったのなら、まず他国を侵略して奪い、自国の象徴のように利用されている動物は恥ずかしくて使えないはずである。

しかもこの人物は「帰化して日本人になったら日本人だといばってやる」と、まるで戦時中に一時的に日本人となり天皇陛下の御名を利用して悪事を働いた外国人の発想丸出しのことをツイッターでつぶやいている。

日本人だと威張る、という発想は日本人にはないものでこんな人物に日本国籍を与えるのは止めてほしい。日本のパスポートを持って他の国に行き、日本人の評判を貶めることを平気でやりそうである。

また別のツイートでは「日本に帰化したら日本名にする」と公言している。 支那の工作員であれば、その後選挙に出てくるだらう。民主党の出来あがりである。

選挙制度も問題だが、国籍を与えたら日本風名前に変えることができるのも止めるべきだ。出自を隠して日本人のフリをして政治に関り、民主党のように自分の出身国である支那・朝鮮のために日本の税金を使われ、日本の防衛をおろそかにされるのは冗談ではない。

日本人は人を騙すことをまず考える国民ではないが、世界にはまず人を騙して自分達が利益を得ようという国民がいるので、その民族の手口を頭に入れておくためにもギャルポ氏のこの本は勉強になる。

|

言わされてる感が凄い

二宮さんが日本アカデミー賞でも受賞したが、その受賞に関するコメント全文を読んで変な感じがした。

事務所の関係者の事が中心で、映画スタッフの事についてコメントしたのか全く映画スタッフのことが書いてない。

しかも、先日話題になって「悪者」の印象が強い3名の名前をわざわざあげて「ずっと迷惑をかけてきた人達」と言っていたことがどうしても解せない。

勘ぐると、この場を利用して悪いイメージを払しょくさせようという事務所の意図を疑ってしまう。

あの人は左利きなのに違和感無く右で映画もドラマもCMもやってる。自分も利き手でない方で箸を持ってみたら難しかった。 練習凄くしていると思うし、他にも努力していることがあるだろうに、あのコメントでマイナスイメージになってしまうのは残念。

|

反日左翼の手口

何かと話題になった(された)、「保育園落ちた 日本死ね!!!」発言ですが当初見たときから違和感がありました。

行政に関する文句と言いますか、政治に対する苦情のはずなのに国名が出てきてしかも自国に対して死ねというものなのかなあ?と。

人によって言い方が様々なので、なんとも言えずにスルウしておりましたが

いつものようにマスゴミが一斉に取り上げ始めたところで、胡散臭さを感じこのブログを探してみましたら

な~んと、反日投稿記事ばかりで有名なブログサイトに書いてあるではありませんか。

ふーーーん、とここで一歩引きました。そしてその全文を読みましたが

確かに、保育園が見つからない人の不満が上手に並べてあり本当に困っている人や困ったことがある人は同感するだろうなと思いました。 ただなんというか、母親が書いたとはちょっと思えなかったですね。

男の文章というか、なんか見て書いてるのかな~とか。

そうしたらツイッターまでいつのまにか開設されていて、マスゴミに取り上げられたことを報告していたので、増々違和感を感じましたところ

「手際が良すぎる日本ヘイトブログ騒動の全時系列 - NAVER まとめ 」を見て、過去ネットがなかった際に一斉にマスゴミが批判し騒ぎ、自民党が支持を失っていったことの裏が見えて昔からこのやり方してたんだな~と思うだけになりました。

困っている人を利用してよくやるものです。

しかも、国会前のデモでは保育園に当選して卒園済みの人まで「保育園落ちたの私だ」プラカ掲げて参加していた由。

マスゴミが一斉に騒ぐときは、何か裏があるのだと確信しました。もう信じていくことはないでしょう。

|

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »