« 海賊と呼ばれた男 | トップページ

2017年2月15日 (水)

特別展「春日大社 千年の至宝」

けふは、こちらに行つてきました。

http://kasuga2017.jp/highlight.html

http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1814

一言、凄かつたですね・・・・

毎回、日本の武将はじめとした歴史を語る品の展覧会に行くと思ふのですが
今回、とくに思ひました。

日本ッてほんたうに 豊かな国 だつたのだなぁと

年月が1000年経過してゐると言へ、金で造られてゐることを感ぢさせるし
様々な色彩で彩られ、漆器の美しさと言ひ、絵巻や屏風、金銀銅等を
使つた奉納品。

原材料、加工する技術、百聞は一見にしかづと言ひますが、修復作業を行つたら
どれだけまばゆいものが出現するのかと感心しながら観ました。

とにかく素晴らしい。

自分の知識に置いて、春日大社の歴史、平安時代の信仰や文化の知識がないので
さういふ日本の文化とか歴史をきちんと学校で教はりたかつたなぁと痛感した。

現在は神社と寺社が分かれてゐるが、春日大社曼荼羅といふものがいくつもあり、
そこに神殿と如来、菩薩と仏教を連想する御仏が描かれてゐたのも印象的だつた。

極楽浄土に行きたくて、平安の貴族たちがこぞつて信仰を表すものを建立したのは
漠然と知つてはゐたものの、このやうに多くの曼荼羅や絵巻、奉納品などを
目の当たりにすると

神道と日本の文化

をきちんと詳細に学びたかつたな~、 日本文化を詳細に行ふ授業があつても
いいんぢゃないかな~と思ひます。

古事記を読んで行くと神社建立のきッかけがわかりますが、その神社の歴史
はほとんど語られません。

日本人が当然知つておくべき歴史や文化の授業がなく、捏造した歴史の授業ばかり
してゐるのは大問題だし、おかしいと思ひます。

花山院 弘匡氏が書いてゐる春日大社の書があるので、読むつもりです。

3月12日までなので、お時間のある方は是非ご覧になられることをお勧めします。

土日は凄い人だらうなぁ (;´Д`A ```

|

« 海賊と呼ばれた男 | トップページ

文化・芸術」カテゴリの記事