書籍・雑誌

2016年3月12日 (土)

読み終わった本

恵 隆之介氏の「新・沖縄ノート 沖縄よ、甘えるな!」(「誰も語れなかった沖縄の真実」を改題・改訂した本。

正直、驚いた。

マスゴミは相変わらず、沖縄が本土の被害者的存在で基地を押し付けられているという風潮の報道を続け、「反対派」の行動を放送しているがあの人たちが沖縄県民ではないことや共産党や朝鮮人や支那人という反日の集団であることは決して放送しない。

今はネットがあるので、ツイッター等で基地反対派の矛盾や正体がどんどん流れている。

それを踏まえていても、新鮮な驚きと沖縄の歴史がわかり勉強になった。

目次をざっと紹介すると:

第1章 沖縄に迫る危機

第2章 普天間基地問題は解決できる

第3章 歴史のなかに見る沖縄の姿

第4章 米軍政下で味わった贅沢

終章 沖縄をどう統治するか

第1章 沖縄に迫る危機は、現在や過去にわたり沖縄で知事を務めていた人のルーツともいえる事が書いてあり、正直「噂は本当だったのか」と驚く。

この歴史を知って読んでいくと、沖縄という場所は今に始まったわけではない反日の共産主義者がはびこり、支那人がそれに乗っかるという大変危険な場所だったことがわかる。

最近よく「左翼」という言葉が使われているが、「左翼」というのは根本は日本のためを思う気持ちがありそれを根底として変革を進めるものだと思うが、今日本で「左翼」と呼ばれている連中や集団は根本が「日本否定」の外国人や共産主義者であるので、「左翼」ではなく「反日」だと思う。

この反日が教育現場やマスゴミに入り込んで今に至るのだということがよくわかるのが本書である。

そして、ネットの台頭により若者が事実に気づき始めているのが今の状態であろう。

第4章の沖縄の贅沢は驚いた。本土の大変さばかりが戦後の日本の状態として放送されることが多いが、一方沖縄では・・・という内容も放送すべきだ。

沖縄を変に「被害者」にしたために税金投入ばかりを行い、今に至るのが現実だろう。

変るのが必要なのは本土の人間だけではなく、沖縄の人も変る必要がある。それを教えてくれているのが本書だと思う。

|

2014年2月 1日 (土)

読み終はつた本

横田氏がジャーナリストの身分を隠して、しかし本名でアマゾンの物流センターにアルバイトとして潜入したルポ。 

本書でも指摘があるが、その「米国思考」を90年代に経団連やらが絶賛して「企業が利益を生み出せる」として採用を始めた。その結果、「正社員としていい給金を得、福利厚生が整つてゐる会社に入社する」ことがまれになつてきた。「正規雇用」「非正規雇用」といふ壁を作りだし、わけのわからない格差社会になつてきた。

私は物を知らないなりに、これがどのやうな影響を生み出してきたのか考えてみた。

続きは・・・ こちらへよろしくお願ひします。

http://blog.goo.ne.jp/liebe-kdino-schumi/e/bacb444078437c3d71936a3a709e5e2c

|

2013年9月23日 (月)

読み終はつた本

読書について (他二篇)

ショウペンハウエルの著書。

正直、すごく面白い。

何が面白いかと言へば、本書「読書について」と収録されてゐる他二篇 「思索」「著作と文体」のすべての論述が

現在の日本のマスゴミ、新刊を世に送り出しなんとか金を得たいと「似たよう手法」を繰り返してゐる出版界そのものを現してゐることである。

何か一つ売れることがあると、すぐにそれに飛び付いて「二番煎じ」を狙つてばかりの出版界、マスゴミ、そしてそれに乗じてなんとか金もうけをしやうともくろむ「エセ作家」はこれを読むべきであらう。 (読んだところで、自分のことだとわかるアタマがあるとは期待しない。期待できるレベルの人なら、批判される前に「いかにも金儲け」とわかるやうな本を出したり番組を組んだりしないからである)

表題の「読書について」だけでなく、収録されてゐる「思索」「著作と文体」の順に読んでいくとよいであらう。 「思索」「著作と文体」で現在の問題が明確にされてをり、それを踏まえて「読書について」を読んだはうが、読者にとつてしつくりと来る。

最高だなと思つた一文 :

「低劣な著作家の大多数は、新刊書以外は読もうとしない民衆の愚かさだけをたよりに生きているに過ぎない。すなわち彼らの名はジャーナリスト。適切極まる名前ではないか。これをドイツ語に訳すと日給取り。」 (P25-27)

http://blog.goo.ne.jp/liebe-kdino-schumi/e/fe309912bf5c9c2a7102a25115a53588 

|

2013年7月29日 (月)

竹林はるか遠く、が教えてくれること

先にヨウコ・カワシマ・ワトキンスが書いた著書の紹介を少しした。

読み進めて思つたことを下記に記す。

敗戦国の国民となつた日本人は武器を持てずそこへ戦勝国や「自称戦勝国」と威張りだす「武器を持つ者」が来た時にどのやうな状況になるか知つてをくべき。

9条信者の言ふままなら子供達は殺されるか暴行されるか奴隷になるだけ。

子供を守る防衛を放棄させる奴らの言ひ分を信じるな。 (沖縄基地反対に掲げられた横断幕には朝鮮語もしくはシナ丸出し) A_zhu2pciaesv6e

896426a6

丸腰の日本人は殺されたり性犯罪と暴行の被害者。9条信者は武器を持ち日本を攻撃してくる敵を責めず日本を責める。

こいつらは敗戦国の状態にしたいのだ。

家族は兄を待つためソウルに留まつてゐたがヨウコの姉コウ「ソウルを離れやう。朝鮮人が女性を襲つてゐた。その女性は日本語で助けを求めてゐた。

彼らは女性をレイプしてゐた」の目撃談で朝鮮を離れることにする。

著者の姉コウが朝鮮人による日本人レイプを目撃後コウと著者は再度頭をそり(最初に朝鮮兵に襲はれさうになつた時に剃つてゐたが)年頃の姉は胸に包帯を巻き男装する。

今なお朝鮮に行きたい人は頭を丸め胸にさらしを巻いて行く場所と心すべき。

ヨウコらは食物を求めて病院のゴミ箱を漁る。

現在飽食で給食アレルギイだなんだと言ふ日本。

この本を読んで「食べ物が常にある」事に感謝をし先祖と神を敬ふ時代に戻るべき。

越が米に勝つたのは先祖を敬ひ伝統を絶やさないといふ気持の人々だからと思ふ。

|

2013年7月26日 (金)

今読んでゐる本

「竹林はるか遠く」 ヨウコ・カワシマ・ワトキンズ 

http://release.vfactory.jp/release/53645.html

・内容紹介

本書は、アメリカの子供たちに日本文化を伝える活動をしていた日系人ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ女史が、自身の戦争体験を子供向けにまとめた自伝的小説の日本語版である。原書は1986年にアメリカで刊行されている。日本ではこれまで「竹の森遠く」というタイトルで知られていたが、今回の出版では「竹林はるか遠く」となっている。

第二次大戦末期、ソ連軍から逃れるため、朝鮮半島を縦断した著者(当時11歳)の想像を絶する体験、そして引き揚げ後の日本で味わった苦難を、平易な英語で赤裸々に描いた原書は、たちまち高い評価を受け、アメリカの教育課程(日本では中学生レベル)の副読本として採用された。

著者が体験した朝鮮半島逃避行の内容はまさに壮絶の一言に尽きる。裕福な家庭で育った著者だが、日本の敗色が濃くなり、朝鮮人民軍(抗日遊撃隊)がソ連の支援で抗日活動を活発化させてから状況は暗転する。
それまで「生のニンジンは食べたくない」と好き嫌いを言っていた著者は、自宅を追われ、母、姉と逃亡生活を始めると、その日の食べ物どころか飲み水にも事欠き、生きるためにゴミ箱さえあさらなければならなくなる。暴漢を避けるため、頭を丸め、年頃の姉はさらに胸に晒しを巻いて、男に成りすました。執拗な抗日ゲリラの追跡にあい、襲われたこともあったが、間一髪で切り抜けられた。  (後略)

翻訳が出る前に、英語版を購入してゐたので読んでゐる。 

購入した本は「NEW!著者からのメッセージあり!」と書いてあつた。 読んでみると、だうやら米国で授業で使はれたことにより、「被害者」のはずの朝鮮人が加害者であつたのでそれに抗議をしたことによる、著者のメッセージとみた。

そして、著者に「日本政府の対応を疑問に思う」とまで書かせてゐた。 翻訳の話はもつと早くからあったらしいが、米在住の朝鮮人が著者を脅迫までして翻訳を止めさせたといふいきさつがあることを知つた。

英文はたしかにさう難しくないので、流れはつかめる。ただ時々わからない単語があるが前後から推測できるのであまり気にならない。

内容紹介に書かれてゐる部分の「人参は食べたくない」から逃避行のうちに「人参を食べた」ところまで読んだ。

そして、3人でゐるところへ朝鮮兵が来て襲はれる寸前、上空を飛行機が来て朝鮮兵は死に、著者、姉、母は生き残るが上記にあるやうに髪を切り、朝鮮兵の服を着て兵隊のやうな格好をして逃避行を続けてゐる部分まで読んだ。

著者には兄もゐる。 兄は、戦況をみて誰にも相談せずに志願兵の申し込みを出してゐた。

それを知つたときの母親のやうすは、「誰も自分の子供を戦争になどやりたくないのだ」といふことだ・・・・ 現在朝鮮左翼が「自民党になつたら徴兵制であなたの子供は戦地にやられる」とかデマを流してゐる一方、「軍国主義」とレツテルを貼り当時の日本国民全員が軍国主義の手先のやうなイメイジをばら撒いてゐるが

これを読んだらだう思ふのか訊いてみたい

日本のかうした歴史を、自分達の欲望を満たすための道具に利用する朝鮮左翼と共産主義者は、ほんたうに卑怯な奴らだ

図書館で翻訳もリクエストした。 双方読む予定である

http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4892959219/ref=cm_cr_pr_fltrmsg?ie=UTF8&showViewpoints=0 アマゾンカスタマーレビュー (星1つがわかりやすすぎ)

|

2013年5月12日 (日)

今読んでゐる本

「日本の医療 この人が動かす  海堂ラボ Vol.2」  海堂 尊著。

1巻を読んでないけど、図書館の新刊コオナアにあつたので、なんとなく取つてみた。

本書は12名の医師にインタビュウをして、その医師の活動を報告してゐる。

コンピューター診断、地域医療再生、心臓外科・・・ とあつたのだが、

「放射能問題」  鎌田 貫 を最初に読んでゐる。

放射能の件に関しては、 だういふわけか 「わざわざ嘘を吐く」 輩が多く、(ツイツタア、デマリン等)一体何が本当なのか全くわからない状況であつたので、読んでみたのだ。

鎌田医師はチェルノブイリの支援に参加し、東日本にも支援活動をしてゐる。

興味深いことが書いてあつた。
「石巻に拠点を置いて、千人風呂プロジェクトを立ち上げました。そこでは被災者の中からボイラー担当を雇いました。すると、仕事をみつけた人はリズムが出てくるんですね。子供たちから「お父さん、いってらっしゃい」と言われて家を出る。日当を支払うと復興し始めた街で食事や買い物をしたりする。そうすると、その家族はよりいっそう「立ち直ろう」という気になっていくわけです。

 このように、仕事や雇用が資本主義にとって大事なルールであるということを、NPOの人達はあまり考えませんね。たいていボランティアでお金や人を集め、何かを差し上げる、といった形の支援になる。しかし雇用の機会を広げる支援のほうが、その人の人生を考え直す一つのスタートになると思うのです」  (P211)

「千人のうちの130人の子供から健康診断を受けたいとの希望があつたので、信州大学の小児科の先生たちがボランティアで検診をしてくださいました。数人の子供に甲状腺の血液上の異常がみつかったのですが、被爆が関係していると断定できるようなことは全くなかった。

母親や子供たちは大変不安を感じていた。子供たちへのアンケート調査でも。20%の子供が眠れなくなったという。不安感を早くとってあげたい。なおかつ絶対に手遅れにならないように検診態勢を確立し、36万人の福島の子供たちを守る必要がある。

浴びないほうがいいことが前提ですが、少し浴びてしまったからといって気にしすぎると、かえってストレスで動脈硬化やがんのリスクが上がります。」 (P217-218)

太字の部分、マスゴミが読んで猛省すべきですね。 

それから、放射能の数値が高いから除染に効果があるとデマを流して自社製品を宣伝してゐた会社とか(サイトに日本海を東海と書いてゐましたから、デマがお好きなやうですが)、とにかく金になるから

原発反対、放射能反対、子供を守れと連呼してゐた人達は

そのデマによる自己満足と利益の追求が、当事者の方々をどんなに不安に陥れたか少し、考へるべきですね (朝鮮人にはできないでせうが)

この人たちのデマ、により不安で精神的なものから病気を発症した方もゐるかもわかりません。 デマによる不安でがんになつた人がゐたら、放射能と原発のせいにして大騒ぎするのでせうが、汚らしい。

取材にバカみたいに行つて、子供にくだらないインタビュウをしてゐたマスゴミ、こいつらも人を不安に陥れ体の不調を起こさせてゐたかもしれません。

もふ一つの弊害は、デマを流す奴がゐるから、鎌田医師のやうにきちんと活動をしてゐる人に対して、疑心暗鬼になつて寄付等がなされず活動に障害が出てゐることも考へられます。 正直、あたくしも疑つてゐる団体がいつも駅前で寄付を募つてゐるのを見ます。寄付する気持ちにはなれないです。

経産省前で不法占拠して「命を守れ」、とやつてゐる人たちも、きちんと活動してゐる人の足を引ッぱつてゐると思ひます。 

人を不安に陥れて間接的に病気のリスクをあげてゐながら「命を守れ」とは何の妄想でせう?

今後、何か起きた場合には 一人ひとりが情報をあらゆるところから集め、精査し、「それこそ冷静に」対処することが重要です。 
 

|

2013年5月 2日 (木)

今読んでゐる本

先に投稿した、渡部昇一氏の 「ハイエク マルクス主義を殺した哲人」であるが、ますます多くの人に読んでほしいと思つてゐる。

この本はハイエク 「隷属への道」を解説してゐる本なのであるが、本書を読んだうえでハイエクのその本を読むことがこれからの日本にとつて非常に重要に思へる。 国民が読むのも大事なのだが、やはり政治屋と官僚が読むべきであらう。

これを読むと、日本が「官僚主義」と言ふ名の「全体主義」「社会・共産主義」であつたことがよくわかるし、ゆへにこの20年以上デフレになつてゐたのだと納得する。

デフレだけでなく、日教組の教育もこの全体主義に基づいて行はれてゐる。

その例:

スターリンの認めたルイセンコ学説を応用したミチューリン農法という遺伝子学を無視した説を北大教授が岩波から「生物学」として出版しスターリン主義のような主義でないと自然科学も出来ないと主張してるらしい。共産主義の統制は恐ろしい。

歴史、法学、経済等の政治に関わる分野で干渉されると「真実」に対する公正無私な探求は許されなくて、統制する側の出す公的な見解を証明する事だけが求められるという指摘はまさに支那朝鮮に当てはまる。共産主義者が日教組として日本の教育に進出するのはこれが目的だらう。

|

2013年4月23日 (火)

今読んでゐる本 

「ハイエク マルクス主義を殺した哲人」渡部昇一著を読んでゐるが共産主義に毒された日本人が認識を改めるのに必読の書と言へる。

「彼ら(ソ連等社会・共産主義者)が「自由への道」と約束したことが実は「隷属への大いなる道」でしかなかつた」はまさに正論。

民主主義は自由において平等を求めようとするのに対し、社会主義は統制と隷属において平等を達成しようとしている。民主主義の自由は機会を平等にする自由で社会主義のほうは結果の平等。

ところが平等といふ言葉が出た時に社会主義こそが新しい自由をもたらす約束になり自由と平等がいつの間にか一緒になった。この事を「自由」という言葉の意味を社会主義者たちが巧みに変えてしまったとハイエクは主張する。

かつて政治的自由を主張したひとたちは「圧政からの自由」「他者の恣意的な圧力から個人が自由でなければならない」といふ意味で自由を理解してゐたのに社会主義者が使いだした自由は「物質的欠乏からの自由」ということだけになった。

社会主義こそが自由をもたらす」という信念は自由の意味が圧政からの自由から「富の平等な分配」にすり替わった為に「自由への道」と約束したことが「隷属への大いなる道」にすぎなくなった。富の分配をしたのは露であり毛沢東もやつた。それは隷属への道。

自由」の意味をすり替えた事によつて社会主義者達は自由主義を掲げる政党が使つてゐた名前まで横取りすることが可能になり、社会主義は自由の伝統の疑いもない後継者として知識階層に受け入れられていくことになった。以上ハイエクの指摘だが全く正論だ。

今の日本の政治、教育を見てみやう。

見事な、社会主義の「富の分配」を主張してゐるではないか!!

イギリスではこれにより伝統に輝く自由党が実質上消え、労働党となつた。

日本は世界に一つしかない皇室といふ伝統と、それに付随した神道、そしてそれを元に発展してきた「日本の伝統」「文化」を西洋の毒に惑はされて失くしてはならない。

日本人、必読の書であると思ふ

|

2013年4月20日 (土)

読み終はつた本

鈴木明 「南京大虐殺のまぼろし」 

http://blog.goo.ne.jp/liebe-kdino-schumi/e/4b6c4e99310c1cab11c9e90a776f2702

本書は1973年に本書で第四回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。昭和47年1月より取材を初め、12月に刊行された。

正直、驚いてゐる。

昭和47年といふ、40年前に疑問を呈されてゐたこの事件。

これを今まで放置し、世界的「事件」にした政治屋と外務省の責任は大きい。

|

2013年4月13日 (土)

読み終はつた本 

南京「百人斬り競争」の真実

東中野 修道氏の著書。

本書は、野田毅少尉と向井敏明少尉の2人の元陸軍少尉は、「創作された事件」で死刑になった! 南京事件の第一人者が、斬新な切り口から徹底検証した、書き下ろし決定版、と銘うつてゐるやうに、東中野氏が当時の新聞記事と上官らの陣中日誌、野田・向井少尉らの上告書を検証した

日本人が読むべき書

である。

そして、ここには「アサヒる」おなぢみ 本多勝一 の創作に捏造加担した 「中国の旅」(朝日新聞に連載、その後単行本化)への疑問点も書いてある。東中野氏は独自の調査を進める中で、本多勝一が新聞記者といふ立場にありながら全く当時の史料を検証することなく記事を書き、しかも朝日新聞は掲載し単行本化してゐることにつき、疑問を呈してゐる。

(疑問詳細については、上記リンクのサイトにあります)

「両少尉が『俘虜および非戦闘員の連続屠殺』や『据えもの斬り』をしなかつたという明らかな証拠はなかった。両少尉が『俘虜および非戦闘員の』連続屠殺』や『据えもの斬り』をしたという明らかな証拠もなかった。しかし「百人斬り競争」の記事は記者たちの創作であったという明らかな証拠は、あったのである」 (P143)

本書だけでなく、先日の国会で取り上げられてゐる動画も必見です。

http://www.youtube.com/watch?v=yjlfazMLo-c   

2013.4.10 衆議院予算委員会 自民党:西川京子

http://www.youtube.com/watch?v=lWZ7ZFRGcwo 

2013.4.10 衆議院予算委員会 日本維新の会:中山成彬

|